2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 島原半島駆け抜け旅(1) | トップページ | 白いかもめで長崎へ »

島原半島駆け抜け旅(2)

  9月12日(土)

 ケータイ国盗り合戦「決戦!関ヶ原」の「日野江城」を目指す途中。
 島原外港駅まで列車で揺られてきたが、この先は廃止されてしまっているため、
最寄りの島原港のフェリーターミナルで島鉄バスに乗り継ぐことに。

 なお、乗車するバスが来るまで少し時間があったので、フェリーターミナル内で、
この辺りの名物である「とらまき」を購入する。探し方が悪かったのかもしれないが、
島原以外では見掛けなかったような...

C0909a151
(フェリーターミナルで売られていた「とらまき」)

 ちなみに「とらまき」とは、どら焼きの皮のようなもので餡を巻いてあるお菓子の
ことで、皮には砂糖がかかっている、なんとも甘いお菓子だった。


 少し待ち、加津佐海水浴場前行のバスに乗車する。

C0909a152
(乗車した島鉄バス。島原港フェリーターミナル前にて)


 これからバスで向かう区間は、以前は島原鉄道の列車が運行されていたが、
2008年4月に島原外港~加津佐間が廃止されている。もう少し早く来ていれば、
列車に乗ることが出来たんだよなぁと思い出しつつ、島原半島を南下する。
 なお、廃止にはなっていたものの、車窓から安徳~瀬野深江間の水無川に
掛かるトラス橋を見ることが出来た。

C0909a153
(車窓から島原鉄道のトラス橋も。手前のアーチは道路橋。)

 ちなみに、このトラス橋を含む前後の区間は、不通区間復旧のため、1997年に
高架化されたものの、約10年後に廃止となっている。なんとなくもったいない気も
するのだが、乗客が少ない区間だと、バスの方が運行に自由が利くため、効率が
いいのかなと思った。


 しばらく乗車し、蒲河バス停付近で97城目「日野江城」を無事に拾う。
 このまま折り返しても良かったが、さらに乗り通すことに。

 そして、島原港から1時間ほど走ると、対岸に天草諸島が見えてくる。
 切通バス停付近で「天草」の対岸盗りをようやく成功する。

C0909a154
(対岸は天草諸島)

 バスは加津佐海水浴場前まで向かうが、天草方面へのフェリーターミナルが
併設されている口之津で下車する。

C0909a155
(口之津バス停の待合所。中ではフェリーの乗船券売場なども)

 なお、国道を挟んだ反対側にバスの留置場も。
 待合所で少し待ち、島原半島の西側にある小浜温泉を経由して、諫早駅に
向かうバスに乗り継ぐことに。

C0909a156
(諫早駅行のバス)

 
 海沿いの道路をひたすら走るため、晴天ならばいい眺めだったのかもしれないが、
残念ながらこの日は今にも雨が降りそうな天気で、小浜温泉辺りからいよいよ雨。
 毎日朝早くから列車やバスに揺られているせいか、例によってウトウトしてしまう。


 島原鉄道の線路がある愛野付近でようやく目が覚めたが...
 外を見れば、音を立てて雨が降っていた。
 どうなることかと思ったが、諫早駅に到着する頃には小降りになっていた。

 なお、乗車したバスは諫早駅行とのことだったので、駅の正面まで来るものだと
思っていたのだが、到着したのは、駅から徒歩5分ほどのバスターミナルの中。
 変なところで下ろされるなぁなんて思いつつ、思いこみは怖いなぁとも思ったが、
そもそも行先表示としてどうなんだろう?とも。歩道橋を渡って諫早駅に到着する。


 島原半島駆け抜け旅を終え、諫早駅からJRに乗り継ぐ。
 それにしても、このようなことが無ければ、島原半島一周なんてしなかっただろう。


(つづく)

« 島原半島駆け抜け旅(1) | トップページ | 白いかもめで長崎へ »

バス:路線バス」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/47041298

この記事へのトラックバック一覧です: 島原半島駆け抜け旅(2):

« 島原半島駆け抜け旅(1) | トップページ | 白いかもめで長崎へ »