2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 苫小牧から札幌へ | トップページ | スーパー宗谷で札幌へ »

岩見沢へ。散水車を撮影

  9月 7日(月)

 札幌から乗り継いだのは、区間快速のいしかりライナー。

C0909a030
(札幌から乗車した「いしかりライナー」)

 列車は731系3両編成。
 札幌~江別間が快速運転となる。
 札幌発車すると、ほぼ同発となった快速エアポート104号と並走する。
 しかしこちらは、白石に停車するため、あっと言う間に追い越されていった。

 
 野幌駅付近では、高架化工事が行われていた。
 そういえば昨年通過したときもなにやら工事をしていたような記憶が。
 しかし完成には、まだしばらく時間が掛かりそうな感じだった。

 江別からは各駅に停車する。
 豊幌~幌向間で「夕張・美唄」を盗る。
 そして、上幌向を発車すると、左手から沼ノ端で分かれてきた室蘭本線の
線路が近づき、操車場跡をかすめていく。ここが使われていた頃は、さぞかし
多くの車両が行き交っていたんだろうなということを想像しつつ、岩見沢へ。
 
 
 到着したのは、運転所に一番近いホーム。
 隣の線路に、なにやら怪しい貨車が停車していた。乗車してきた列車の
折返し列車(小樽行)の発車を待ち、撮影してみることに。
 何だろう?とよく見ると、レール運搬用のチキに挟まれた、レール散水用の
タンク車・タキ42861だった。そういえば、数年前の酷暑の際、それまでは
あり得なかった、北海道内でのレールの異常な伸びを冷やして元に戻すのに、
散水車がデビューしたという記事が出ていたのを思い出した。

C0909a031
(レール散水用のタンク車・タキ)

 今年の夏は何回出番があったのだろう?と考えつつシャッターを切っていた。


 そして、散水車の撮影と前後して、札幌行の特急オホーツク2号を撮影する。
 車両はキハ183。他の系統には新車が投入され続けるが、この列車だけは、
新型車両が導入されない。それほど新車の投入順位が低いということかなと
思いつつカメラを構えた。

C0909a032
(岩見沢駅に進入する特急オホーツク2号)

 さらに後追いも。

C0909a033
(岩見沢駅を後にする、特急オホーツク2号)
 
 後よりは、キハ183-100だった。
 そして、撮影をいったん切り上げる。
 このあと列車の間隔が開くため、改札口に向かった。

(つづく)

« 苫小牧から札幌へ | トップページ | スーパー宗谷で札幌へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46195108

この記事へのトラックバック一覧です: 岩見沢へ。散水車を撮影:

« 苫小牧から札幌へ | トップページ | スーパー宗谷で札幌へ »