2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« のぞみで西へ | トップページ | 隅田川駅のイベントへ(1) »

ソニックで別府へ...

  9月10日(木)

 小倉から乗り継いだのは、特急ソニック。
 お昼過ぎの列車なので、意外と空いていた。
 乗車したのは883系7両編成。また振り子...

 乗車したところまではよかったのだが、何となく体調が芳しくないなと。
 乗り心地が良かったのがせめてもの救いだったようだ。
 ただ、体調が悪い割りには、国盗りは盗りこぼすことがなかった。
 今回の旅の目的である、決戦!関ヶ原の「中津城」「立石城」「杵築城」を
しっかりと拾っただけでなく、小倉を発車してから通過してきた「行橋・田川」
「宇佐・中津」「国東」「別府」と、携帯のアラームを活用して、寝過ごすこと
なく、なんとかクリアすることが出来た。

 そして、次の特急にちりんに乗り継ぐため、なんとか別府で下車する。
 少し時間があったので、いったん改札の外へ。
 何とか駅舎は撮影したが...

C0909a065
(別府駅駅舎)

 快晴で夏らしい暑さだったことも影響してか、かなりフラフラしていた。
 数日前の北海道は、肌寒く上着が必要だったというのに。
 いかに、日本という国の南北が長く、寒暖の差があるのか思い知る。
 
 なお、駅前の変な銅像は、ピカピカおじさんこと油屋熊八という人物とのこと。
 この記事を書くに辺り、少しだけ調べてみたところ、1909年に別府で亀の井
ホテルを創業した、別府観光の父とも呼ばれる人だった。

 また、駅前には足湯ならぬ手湯もあった。

C0909a066
(別府駅前の手湯)

 ただ、体調がかなり悪かったので、あまり構っていられる状態ではなかった。 
 
 そして再び改札内へ。
 別府駅で乗り継いだのは、特急にちりん。
 今度は、赤く塗られた485系5両編成。

C0909a067
(赤いにちりん)

 しかし、体調の悪さがピークに。
 このまま乗車しても、大分を出てしまえば、しばらく大きい街はない。
 この先の行程が変わってしまうものの、体調不良では仕方があるまい。
 大分県の県庁所在地である大分駅で下車し、病院へ向かった。
 流石に新型インフルエンザだったら、旅行は中止だなと思ったりしたのだが。
 
 診察の結果、単なる風邪と言うことで、薬をもらい、旅を続けることにした。
 ということで、病院から大分駅に戻った。

C0909a068
(大分駅駅舎)
 
(つづく)

« のぞみで西へ | トップページ | 隅田川駅のイベントへ(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニックで別府へ...:

« のぞみで西へ | トップページ | 隅田川駅のイベントへ(1) »