2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« スーパー宗谷で札幌へ | トップページ | 銭函駅 »

小樽駅へ

  9月 7日(月)

 札幌から乗車したのは、快速エアポート115号小樽行。
 車両は721系6両編成。

 着実に国を盗りつつ小樽を目指す。
 まず、琴似駅付近で「琴似」を盗る。
 続いて稲積公園駅付近で「手稲」を盗る。
 これで500国。残りは100+1国。9ヶ月弱で随分盗ってきたんだなと。

 そして、手稲駅を出たところにある札幌運転所では、苫小牧まで乗車してきた
急行はまなすが留置されているのを見ることができた。

 銭函駅に到着するところで「小樽・ニセコ」を盗る。
 それにしても、小樽とニセコがセットとは、随分いいサービスのような...
 名駅舎と言われる銭函駅を発車し、石狩湾沿いをさらに西へ。
 この辺りには廃駅となった張碓駅があったが、ホームなどは撤去されてしまった
ようで、その痕跡を見つけることはできなかった。


 そして、終点の小樽。
 到着直前、駅の手前で停車する。
 車内アナウンスで、この列車が到着するホームから発車する新千歳空港行の
快速エアポートが、千歳線内の大雨の影響で運転を見合わせているとのこと。
 そういえば、これから新千歳に行って、飛行機で帰るんだったなぁと。
 なんてことを考えているうちに動きだし、7分遅れて小樽駅は2番線に到着する。

 まずは、駅舎の撮影から。

C0909a037
(小樽駅駅舎)

 確かに駅舎前の道路は、雨が降った後のように濡れていた。


 駅内に戻ると、案内放送で長都~美々間が大雨で運転を見合わせと流れていた。
 ただ、乗車してきたエアポートは、このまま運転するとのこと。

C0909a039
(折返して新千歳空港行に)

 そして、先述したとおり、帰りは新千歳から飛行機。
 たどり着けなければ帰れないが、まだ時間はあるし、焦っても仕方がないなと。
 確かに、この日の午前、苫小牧から札幌を目指す際、千歳付近では雨が降って
いたが、運転を見合わせるほど激しい雨ではなかったように感じたのだが...

C0909a038
(小樽駅構内にはキハ40が留置されていた)

 ということで、快速エアポートを見送り、寄り道をして新千歳に向かうことにした。

(つづく)

« スーパー宗谷で札幌へ | トップページ | 銭函駅 »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46195113

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽駅へ:

« スーパー宗谷で札幌へ | トップページ | 銭函駅 »