2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« きりしまで鹿児島中央へ | トップページ | 特急はやとの風で肥薩線へ »

鹿児島中央駅で少し撮影

  9月11日(金)

 鹿児島中央駅に無事到着する。
 この駅に降り立つのは、16年ぶり。
 前回訪れたときはまだ20世紀だった。
 その頃は、九州新幹線なんて夢物語と思ったのだが...

C0909a081
(鹿児島中央駅コンコース)

 なんて、浦島太郎な気分に浸りつつ、次の列車に乗り換えるまでの間、
駅内や停車中の列車などで撮影することにした。

 
 まず、指宿枕崎線。
 黄色いキハ200系の普通列車 喜入行。

C0909a082
(黄色いキハ200。鹿児島中央駅にて)

 以前訪れたときは、「なのはな」を名乗りながら赤いボディだった。
 現在は、その名の通り、ボディカラーは黄色になっていた。
 

 つづいて、鹿児島中央まで乗車した来た、特急きりしま1号。

C0909a083
(赤い485系5両編成。鹿児島中央駅にて)

 JR九州のコーポレートカラーであるレッドを纏っている。
 みんな赤かった485系も、気がつけば随分数を減らしてきているようだ。
 しかも、数年後の九州新幹線の博多開業で、特急の運転系統も見直される
ことだろうから、485系の活躍が見られるのも後数年というところだろうか?
 

 撮影中、一枚の看板に気づく。
 ホームの屋根に吊された、南国名物の「ボンタンアメ」の看板が。
 「この辺りの銘菓だったっけ」と。そして、随分南に来ていたんだなと。

C0909a084
(ボンタンアメの吊り看板)

 
 ここまで撮影したところで、列車の間隔が開くのでいったん改札を出る。
 せっかくのなので、駅舎を撮影する。

C0909a085
(鹿児島中央駅駅舎)

 
 再び駅内に戻り、撮影を続ける。
 鹿児島地区で活躍する817系。

C0909a086
(鹿児島中央駅に停車中の817系)

 前面の額縁っぷりが何ともいえない。


 そして最後は、特急きりしま83号。
 宮崎からの列車(きりしま1号)が5両だったのに対し、国分始発のこの列車は
3両編成と短い編成だった。 

C0909a087
(短い3両編成の特急きりしま83号)

 次の列車の入線が近くなったので、駅内での撮影はここまで。
 この後、この日の列車移動が本格化する。
 
(つづく)

« きりしまで鹿児島中央へ | トップページ | 特急はやとの風で肥薩線へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島中央駅で少し撮影:

« きりしまで鹿児島中央へ | トップページ | 特急はやとの風で肥薩線へ »