2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 隅田川駅のイベントへ(1) | トップページ | 北千住で2459列車などを撮影 »

隅田川駅のイベントへ(2)

 11月22日(日)

 JR隅田川駅でのイベント後半戦。
 前半戦は物販やイベントコーナーを見学して回ったが、後半戦はささやかながら
展示されていた車両などを見学して回ることに。


 車両が展示されていたのは、一番南側で屋根と積み卸し用ホームがある線路。
 ホームのせいか、屋根までがあまり高さがないのか、照明は付いていたものの
低く薄暗く感じた。

C0911a108
(積み卸し用のホーム)


 そんな貨物ホームで最初に展示されていたのは、ヨ8000。
 以前は貨物列車といえば、この緩急車(車掌車)が一番後ろを締めていたが、
昭和60年3月のダイヤ改正の際に貨物列車の車掌省略が実施されてからは、
一気にその姿を減らし、今では一部の甲種輸送などに連結されるのみに。

C0911a109
(まず、ヨ8000)


 続いて、先日より運用開始となった、黄緑のコンテナ。
 コンテナ列車が運転開始して50周年を祝う事業として施された。
 黄緑色がなんとも新鮮だった。

C0911a110
(エコレールのロゴが貼られた、黄緑のコンテナ)

 
 そして行列に並び、積み卸しホームから下りて、EH500も撮影する。
 こちらには、コンテナ列車50周年のヘッドマークが取り付けられていた。
 なお、この線路には架線が張られていないので、おそらくDE10あたりに
押し込まれたんだろう。

C0911a111
(EH500。架線がないので、DE10で押し込んだのだろう)

 
 また、折角ホームから下りたので、構内も一枚撮影してみた。
 
C0911a112
(構内を見る)

 一番端の線路ではあったが、先の距離を見ただけでも、結構長いなと。
 もっtも、あれだけ長いコンテナ列車をフルに生かすとなれば、これほどの
広大な敷地が必要なのかもしれないなと、あらためて実感した。
 ただ、上の写真は広大さを表すには、いまいちかもしれないが...

 
 と、隅田川駅でのイベントはここまで。
 流石に見るものが無くなったので、ここで引き上げる。
 その後、南千住駅近くの歩道橋から、構内入換の様子などを撮影し、
南千住を離れた。
 

« 隅田川駅のイベントへ(1) | トップページ | 北千住で2459列車などを撮影 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隅田川駅のイベントへ(2):

« 隅田川駅のイベントへ(1) | トップページ | 北千住で2459列車などを撮影 »