2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 特急剣山で徳島へ | トップページ | 223系快速電車で福知山へ »

徳島からバスで本州へ

  8月24日(月)

 徳島駅からいよいよ本州を目指す。
 今回は国盗り合戦「決戦!関ヶ原」で、淡路島の「洲本城」を拾う必要が。
 ただ、高速バスで淡路島を素通りでは拾いにくいという情報を得ていたので、
あえて淡路島内のバス停でバスを乗り継ぐ作戦を採った。

 まず乗車したのは、淡路島の津名港に向かう淡路交通の路線バス。
 高速道路も走行するが、2ドアの低床車だった。

C0908a223
(徳島から乗車した津名港行)

 なお、特急剣山が到着し、このバスが発車するまでは5分しかなかったのだが、
前日、徳島駅で特急うずしおから特急剣山に乗り継ぐ時間で、バス停の位置を
確認しておいたので、スムーズに乗車することが出来た。


 乗客は数名のみとかなり空いていた。
 それほどニーズが無い路線なのだろうか?と感じた。

 また、今回乗車したバスの路線は、時間帯により鳴門駅に停車するバスもあったが、
残念ながら乗車したバスは通過であった。それでも、鳴門駅前をいちおう通過する。
 どうせなら停車すればとも思ったのだが...
 もっとも、乗客の数を考えれば、停車したところで微妙なのかもしれない。
 それに、淡路交通自体が兵庫県のバス会社ということもあり、徳島県内でこまめに
停車しづらい事情でもあるのかなと...
 
 さらに一般道を走ってから、神戸淡路鳴門自動車道の四国側の最後の入り口となる
鳴門北ICから高速道路へ。高速道路に入れば、高速バスと負けず劣らずの走りっぷり。
 洲本ICで高速を降り、洲本市内に入っていき、洲本バスセンターに到着する。

 なお、先述しているとおり、乗客は洲本まで一桁。
 地元の足としては助かるものの、今後のことを考えるといささか不安にならざるを
得ない気持ちで、洲本バスセンターで降車した。
 そして、ここで「洲本城」を拾い、まずは任務完了。


 続いて、洲本バスセンターから乗車したのは、大阪行の高速バス「かけはし号」。
 下車した先に停車しており、現金乗車の乗客がいたので、その列に並び乗車した。
 ただ、運転士は現金乗車が不満だったのか、ずいぶん客に突っかかっていた。
 事前購入客とのトラブルを避けたければ、乗車拒否は出来たはずなのだが...
 もっとも、高速舞子などで下車する客をみている限り、事前購入したマルス券を
所持した旅客はあまりいなかった。これならば、淡路交通のように事前予約無しに
した方が経費がかからないのでは?とすら思ってしまった。

 と、そんな状況で、洲本を発車。
 津名港まで一般道で向かい、その後高速に入っても、しばし淡路島内を走る。
 そして、車内からの夜景はことのほかきれいだった。


 本州に戻り、さらに高速道路を走り続け、三宮バスターミナルで下車した。
 
 この日は7本のバスに乗車。
 列車よりバスに乗っている時間の方が長かったような1日がようやく終了した。

(つづく)

« 特急剣山で徳島へ | トップページ | 223系快速電車で福知山へ »

バス:路線バス」カテゴリの記事

バス:高速バス」カテゴリの記事

国盗り合戦」カテゴリの記事

高速道路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46151761

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島からバスで本州へ:

« 特急剣山で徳島へ | トップページ | 223系快速電車で福知山へ »