2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 北近畿タンゴ鉄道で宮津へ | トップページ | 西舞鶴から京都へ。183系特急「きのさき号」に乗車する »

宮津から西舞鶴へ

  8月25日(火)

 「宮津城」を拾ったところで、山陰地方の城巡りは終了。
 ただ、前の記事にも書いたとおり、今回利用したのは周遊きっぷ。
 往路はサンライズを利用したため、素直に東京からストレートに四国を目指したが、
帰りは福知山・宮津に立ち寄るため、一筆書きにする必要があった。
 ということで、宮津に到着したところで、素直に引き下がることができないので、
西舞鶴~綾部経由で京都を目指すことに。


 当日。
 宮津駅では、乗り継ぎ待ちの時間があったので、途中下車をして駅舎を撮影する。

C0908a235
(宮津駅駅舎)

 ところで、宮津駅というと、4月に訪れて以来約4ヶ月ぶりとなる。
 国盗りを始める前は、乗りつぶしのプランを立てていても、何となく遠い路線の一つ
というくらいにしか思っていなかったのだが...
 それが、国盗りを始めたことで、ほの国号おいでんバス名古屋行高速バス
バスの旅が本格化した4月に宮津を訪れてはいたものの、その時は次に来るのは
当分先になるのだろうと思っていたのだが...


 そして、宮津から西舞鶴行に乗車する。
 車内では、なにやら前頭展望のビデオを撮影しているようだった。
 運転士にしゃべり掛けないでくださいとの張り紙が。
 運転中はしゃべるなってことだから、あまり関係ないようにも感じるのだが...

C0908a236
(なにやら撮影中) 


 宮津を発車すると、宮津湾沿いに天橋立が見えてくる。
 途中、三ノ宮に泊まったが、これで太平洋側(室戸岬)から、日本海側(宮津)まで
乗り通したことに。前回(2009年春)は、串本~富山間だったが...


 丹後由良を発車したところで、由良川を渡る。
 河口近くということもあり、川幅は広かったが、ゆったりと流れているのが印象的だった。

C0908a237
(由良川を渡る)


 まったりした空気が車内に漂っている。
 こんな感じで旅ができればいいなぁなんて思いつつ、西舞鶴へ。

C0908a238
(西舞鶴にて。乗車してきたKTR707と留置中のKTR8002)


 いったん改札口を出て、駅舎を撮影し、京都に向かうべくJR線の改札へ向かった。

C0908a239
(パスポートセンターが併設された西舞鶴駅駅舎)

(つづく)

« 北近畿タンゴ鉄道で宮津へ | トップページ | 西舞鶴から京都へ。183系特急「きのさき号」に乗車する »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮津から西舞鶴へ:

« 北近畿タンゴ鉄道で宮津へ | トップページ | 西舞鶴から京都へ。183系特急「きのさき号」に乗車する »