2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 4日の撮影 SLみなかみ号(3) | トップページ | 室戸岬から甲浦を目指す »

室戸岬に到達

  8月24日(月)

 途中、食事をするために寄り道をしたものの、無事に室戸岬に到着。
 昨年訪れた襟裳岬が観光地化されていたのと比べ、何とも地味だった。

C0908a205
(室戸岬の標識)


 既にお昼は回ってしまっていて、次の甲浦岸壁行のバスまで、1時間弱。
 あまり余裕があるわけではないので、さっそく海岸に出てみた。
 それほど観光地化されていないということもあるのだろうけど、海岸自体も
どこを指して室戸岬なのか、少し判りづらかった。

C0908a206
(室戸岬...)

 せっかくなので、近づいてみる。
 岬と云うことで?岩場だった。

C0908a207
(海岸を...)


 とりあえず海岸を見たが、甲浦岸壁行バスが発車するまで、まだ40分あり、
このままブラブラしていても仕方が無いので、国道を挟んだ反対側にあった、
室戸岬観光案内所の展望台へ。
 構造は、3月に訪れたマリンパーク多古鼻の展望台を小さくしたような感じだった。

C0908a208
(観光案内所と展望台)

 入場は無料ということなので、早速上って展望台から太平洋を見渡す。

C0908a209
(展望台から国道と太平洋)

 展望台からの方が当然のことながら眺めがよかった。
 上手く写真に収めることが出来なかったが、紺色をした海がとても綺麗だった。

C0908a210
(展望台から太平洋)

 そして、この展望台で、スクーターで日本一周しているという方に出会う。
 こちらの国盗り・城めぐりの旅のレベルとは格段の違いだった。
 なんだかすごく気合いが入っているなぁと感心してしまう。

C0908a211
湘南爺遊人さんのスクーター)


 ここまで、見学したところで時間切れ。 
 バス停に向かおうとすると、展望台の近くの一段高いところに中岡慎太郎の
銅像が建てられていた、中岡慎太郎といえば、前の記事でも書いているが、
土佐くろしお鉄道の「しんたろう号」の「しんたろう」だ。
 その中岡慎太郎の銅像は、太平洋に向かって建てられていた。

C0908a212
(室戸岬に建てられた。中岡慎太郎の銅像)

 そのずっと先にある、桂浜の坂本龍馬像を向いているとのこと。

 それから数分後。
 やって来た甲浦岸壁行バスに揺られることになる。

(つづく)

◆関連記事(岬関係)
 2008年9月の襟裳岬(しっかり観光)
 2009年7月の白神岬(松前行バスで通過)
 

« 4日の撮影 SLみなかみ号(3) | トップページ | 室戸岬から甲浦を目指す »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅:岬めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46073639

この記事へのトラックバック一覧です: 室戸岬に到達:

« 4日の撮影 SLみなかみ号(3) | トップページ | 室戸岬から甲浦を目指す »