2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 特急剣山で阿波池田へ | トップページ | 土佐電ではりまや橋へ »

遅れてやって来た南風と...!?

  8月23日(日)

 阿波池田から乗車するのは、特急南風25号としまんと9号。

 ホームの編成案内を見ていると、南風編成(岡山発)としまんと編成(高松発)が
併結した6両編成とのこと。数時間前に乗車した上り列車の混雑状況を考え、
しまんと編成の方が座れそうかなと、ホームの高松方で待っていた。

 すると、駅のアナウンスが流れ、列車が数分遅れているとのことだった。
 まぁ、岡山で接続があったり、宇多津で併合があるからなぁと思っていたら...


C0908a162
(阿波池田駅に進入する特急南風...)

 よく見れば、先頭車は2007。
 この日の朝、岡山行の南風2号として見送った編成だった。

 前3両(南風編成)は、アンパンマンラッピング車というのは、確認していたので
驚かなかったが、妙に編成が短い。よく見ると、南風編成のみ3両編成だった。

 どうやら、しまんと編成をどこかで置いてきたようだ。
 しかも、到着するとデッキには立ち客がそれなりに。
 とりあえず、何かあったのは間違いないのだが、いかんせん原因が掴めない。


 阿波池田を発車し、大歩危、大杉と停車していくが、時間帯からして降車は無い。
 よって、座席が空くわけでもない。しかも、こんなところで振り子車両だったりする。
 デッキで立っている限り、ある程度の踏ん張りが必要となる。
 そのことで、一気に疲労度が増していった。

 しかも、何故3両になっているか、車内アナウンスが全く無い。
 仕方がないので、携帯電話からJR四国のHPを確認したところ、土讃線の高知
以西の区間で人身事故があり、1時間以上運転を見合わせていたとのこと。
 その影響でか、所定では土佐岩原駅で交換となる上り特急しまんと号も随分
遅れており、実際に交換したのは、JR四国で一番標高が高いところに駅がある
繁藤だった。

 そして、スイッチバックの駅、新改を通過する。
 往路同様、一瞬だったが、列車が停車しているのが見えた。
 上りのしまんと号も待ってたのかなぁ?なんて思ったりして。


 結局、高知には15分ほど遅れて到着する。

C0908a163
(高知駅に到着した南風25号)

 なんとなく疲れが増したまま高知に到着したところで、この日の行程は終了。


C0908a164
(高知駅駅舎)

 さすがにその疲れから、改札を抜け予約してあった駅前の宿に転がり込んだ。
 

« 特急剣山で阿波池田へ | トップページ | 土佐電ではりまや橋へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR四」カテゴリの記事

鉄:四国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46073605

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れてやって来た南風と...!?:

« 特急剣山で阿波池田へ | トップページ | 土佐電ではりまや橋へ »