2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 水上でD51を | トップページ | 快速「磐西・只見ぐるり一周号」を撮影(1) »

みなかみ町のEF16 28

 10月24日(土)

 D51 498の撮影を終え、水上ICに向かうべく車を走らせる。
 生どら焼で有名な小荒井製菓を過ぎたところで、ふと思い出す。
 「そういえば、みなかみ水紀行館にEF16が保存されていたな」と。

 以前から、その存在は知っていたし、通る度にちらっと見てはいた。
 しかし、撮影するタイミングを逸してばかりだった。
 ただ先日、とある新聞(新聞名を失念)で、このEF16が市町村合併で
管理が行き届いていないという記事を読んだ。既にEF16は現役を
引退しているし、静態保存されているのはここだけらしい。
 とすれば、撤去されたりしないうちに一度は撮影したいと思っていた。

 いいチャンスだったので、みなかみ水紀行館へ。
 水紀行館の建物から離れたところに、EF16 28が屋根のあるところに
静態保存されていた。

C0910a033
(静態保存されていたEF16 28)

 静態保存されているとはいえ、一部の窓は割れていたり、ボディの
塗色もかなり色褪せていた。確かに手を入れなければ、遠くない日に
朽ち果ててもおかしくないかなと感じた。

 そして、機関車の近くには解説板も。

C0910a034
(朽ちかける解説板)

 しかし、これも一部の塗装が剥げてしまっている。
 やはり、このまま朽ち果ててしまうのかなと。


 ちなみに機関車には「水」の区名札が。

C0910a035
(水上機関区の区名札)

 「水」といえば、水上機関区。

 碓氷峠(鉄道文化むら)に行っていれば、こんなこともなかったのかも
しれないが、水上の町にゆかりの機関車なのだから、みなかみ町に
しっかり手を入れてもらうことを期待するだけかもしれない。
 そう考えつつ、みなかみ町を離れた。
 

« 水上でD51を | トップページ | 快速「磐西・只見ぐるり一周号」を撮影(1) »

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46573174

この記事へのトラックバック一覧です: みなかみ町のEF16 28:

« 水上でD51を | トップページ | 快速「磐西・只見ぐるり一周号」を撮影(1) »