2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 終盤戦は快速あがの号から | トップページ | 磐越東線でさらに東へ。 »

会津若松で583を見る

  9月 6日(日)

 会津若松に到着する際、なにやら青い帯の車両、よく見れば583系だった。
 横サボは「快速あいづライナー」と。 おそらく代走用として来ていたのだろう。
 到着後、早速撮影した。

C0909a002
(会津若松駅に留置されていた583系)

 いつも通り行きあたりばったりの旅なので、事前に何ら調べていなかったが、
こうやって、旅先でイレギュラーな車両を見かけられるのは楽しい。

 そして、次の列車まで時間があったので、駅舎の撮影なども。
 前回(6月)は、喜多方から乗車した列車が郡山行で、折り返し運転のために
数分停車しただけで、駅前まで出歩く時間はなかったので、ここの駅舎の撮影は
今回が初めてだった。

C0909a003
(会津若松駅駅舎)

 また、駅前にはSLの運転再開を記念した動輪も置かれていた。

C0909a004
(駅前には動輪も)

 
 なお、この駅は狭い駅内に、NEWDAYSと東日本リテールネットの土産店、さらに
KIOSK、立ち食いそば屋などと品揃えは十分過ぎる感じだった。
 ただ、このところの東日本エリアの駅というと、KIOSKをやめてNEWDAYSに移行
していることを考えると、この程度の規模の駅にも関わらず、3店舗が並立している
状況はなんとなく珍しいように感じた。


 そして再び、改札内へ。
 今回乗車したのは、快速郡山行。
 車両は、719系2両×2本の4両編成。
 郡山から来た列車が一部の編成を分割し、折り返しを待っていた。

C0909a005
(会津若松で発車を待つ郡山行)

 郡山方はあかべえ車、会津若松方は緑色の帯を纏った編成だった。

 早速乗車し郡山を目指すことに。

 途中、更科信号場で下りの快速「あいづライナー1号」と交換。
 車両は485系あかべこ車だった。

 
 そして、午前中に新潟経由で郡山へ。

C0909a007
(郡山駅駅舎)

 なんとなく忙しい旅になったが、実は序の口だったりする...

(つづく)

◆関連記事
 2009年6月の磐越西線(喜多方→郡山)
 
※加筆修正
→09/11/02 郡山駅の画像を追加。
 

« 終盤戦は快速あがの号から | トップページ | 磐越東線でさらに東へ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46151709

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松で583を見る:

« 終盤戦は快速あがの号から | トップページ | 磐越東線でさらに東へ。 »