2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 小海線で南を目指す | トップページ | 身延線を一往復 »

日野春駅にて

  8月11日(火)

 小海線を利用して小淵沢に5分遅れで到着する。
 今度は中央線に乗り継ぐのだが、早朝のニュースでは運転を見合わせていると
いっていたが、中央線ホームを見ると上下線ともに115系が停車している。
 甲府行に乗り継ぐと同時に発車する。
 遅れているものかと思っていたが、定時運行だった。

C0908a032
(乗車した甲府行。日野春駅にて)

 
 2つ目の日野春駅で、後続の特急あずさの待ち合わせ。
 構内放送で少し遅れていると流れていたので、ついでで駅舎も撮影した。

C0908a033
(日野春駅駅舎)

 また、構内には給水塔とおぼしきレンガ積の構造物があった。

C0908a034
(日野春駅構内にあったレンガ積の構造物)

 確かにこの辺りは勾配がきつい。
 SLがけん引していた頃は、ここで給水していたのかもしれないが...
 気になり、Wikipediaで確認をしたところ、やはり給水塔で
1966年まで使用されていたとのこと。

 
 そして、遅れてやって来た、特急あずさ。

C0908a035
(日野春駅に進入する、特急あずさ)

 上諏訪付近では単線区間があるため、列車交換などで遅れていたのだろう。
 結局、日野春駅を5分遅れて発車した。


 日野春駅を発車後、韮崎~塩崎間で「峡中」を、塩崎~竜王間で「峡西」と立て続けに
盗るとともに、竜王~甲府間で「甲府城」を拾ったところで、終点の甲府に到着した。
 それにしても、「峡西」は盗りづらいようだったが、一発で盗ることが出来てよかった。
 こういうところの盗りこぼしは、後で大きく響いてくるからなぁ...


(つづく)

« 小海線で南を目指す | トップページ | 身延線を一往復 »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46071887

この記事へのトラックバック一覧です: 日野春駅にて:

« 小海線で南を目指す | トップページ | 身延線を一往復 »