2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 南風・しまんとで高松へ | トップページ | 特急剣山で阿波池田へ »

しまんと転じて、うずしおに

  8月23日(日)

 高松に着いたところで、小腹が空いたわけではないが、まず連絡船うどんを啜る。

C0908a151
(高松まで乗車してきた特急しまんと4号と121系電車)

 腹ごなしに、少しホームで撮影することに。

 まず、マリンライナーから。隣には6000系が到着したので、並べて撮影。

C0908a152
(マリンライナーと6000系。高松駅にて)

 6000系(6001)は、この日の朝、宇多津駅で撮影した編成のようだった。
 なお、日差しが強くない時間帯での撮影は初めて。
 そのせいか、撮影しやすかった。

 
 続いて、カレーパンマン編成が充当されていた特急いしづち25号。
 宇多津で岡山から来る特急しおかぜ21号と併結するため、2両編成だった。

C0908a153
(高松駅で発車を待つ、特急いしづち25号)

 発車まで25分ほどあったが、既に座席は半分以上埋まっており、その車内では
弁当を広げている人も多くいた。

 
 ここで一旦改札を出て、駅舎の撮影。
 ポツポツとにわか雨が降り出す。そういえば、高知から香川に向かうにつれ、
天気が少しずつ曇ってきていた。ここまで持っただけでもラッキーかもしれない。

C0908a154
(高松駅駅舎)


 そしてこの後、徳島を目指すため改札を通り、うずしお21号へ。

C0908a155
(高松駅に停車中のうずしお21号)

 なんとなく、高知から乗車してきた編成と帯の色が同じだなぁと思いつつ、
撮影してから列車に近づき、車両番号を確認すると...
 やはり、しまんと号の編成だった。
 というよりは到着したまま、ホームに停車していただけのようだった。
 よくよく考えると、高松駅で到着したのは3番線。
 ずいぶん端のホームに到着するなぁなんて思ったが、それもこの折り返しのため
だったのねと、妙に納得してしまった。

 ということで、列車は再び2000系3両編成。
 座席は半分以上埋まっていた。
 高徳線というと、ローカル列車の所要時間は、特急列車のおおよそ2~3倍と聞いて
いたが、それを納得づけるような、乗車率だった。


 また、同じホームの向かい側には、普通列車徳島行が停車していた。
 ちなみに、乗車した特急うずしおとの所要時間の差は、約1時間20分。
 特急であれば、高松~徳島間の所要時間に近い(乗車したうずしお21号は、1時間13分)。
 ということで、途中駅で交換・待避を行ったり、停車駅数などに違いはあるものの、
それだけ時間を掛けて走っていることになる。

C0908a156
(同じホームに停車していた徳島行)


 
 高松を発車し、屋島駅で「屋島」。志度駅で「志度・小豆島」を盗る。
 八栗口で上りのうずしおと交換した頃には、陽が沈みあたりは薄暗くなっていた。

 それにしても、乗車率については先述したが、さらに利用しやすいようにしているのか、
上記の駅の他にも、オレンジタウンや讃岐津田、讃岐白鳥、引田などと、ほぼ10分に
1回の割合で停車していく。利便性を向上しようとしているものの、これだけこまめに
停車すると種別は特急というよりは、急行でいいのでは?とも感じた。
 もっとも、特急列車の位置づけ自体、時代の流れで変化しているのかもしれない。

 なんてことを考えていたのだが、ウトウトしていたようで気づいたら、徳島駅に到着する
ところだったので、慌てて下車する準備をした。さすがに前日から24時間乗りっぱなしで、
そろそろキツいかなと感じつつ、徳島駅のホームに降り立った。

C0908a157
(徳島駅駅舎)

 まだ、先が...

(つづく)

※加筆修正
→09/10/03 写真に誤りがあったので訂正。同時に文章を一部加筆。
 

« 南風・しまんとで高松へ | トップページ | 特急剣山で阿波池田へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR四」カテゴリの記事

鉄:四国」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。だいぶ前の記事にコメント失礼します。
夏休みで四国に来られていたのですね。実は、まだブログの記事にしていませんが、8月22日~23日と予讃線・予土線・土佐くろしお鉄道・土讃線とぐるっと一周してきました。もしかしたらどこかでニアミスしているかも知れませんね。

この高松駅、ご覧になられたときなにか中途半端な感じがしませんでしたか?写真に写されている駅舎の左側の円形の建物が、本当は駅の右側にも左右対称のように建てられる予定だったそうです。今はプレハブみたいな感じで、飲み屋とスーパーとドーナツ屋が入ってるだけですが。もう増改築できるだけのお金はありませんからね。

ちなみに、高松駅の脇に意味不明な空き地があります。今は公園みたいに人が通れるようになっていますが、ある人に聞いたのですが、本当は高松琴平電鉄を高架で高松駅の脇の空き地までひっぱってくる構想があるようです。本当に事業が実施できるかは現在においては不透明ですが、そうなれば便利になるんですけどね。東京とは違うので正直なところ、高架にしなくてもいいのでここまで乗り入れて欲しいです。

マエストロさん、どうもです。
8月23日~24日と私も四国島内を一周+半+αしていたので、
おそらくどこかですれ違っていたか、あるいは同じ列車とか...

ところで、高松駅は確かに駅前の広場が広いなと感じました。
それは、高松琴平電鉄の計画などで広めに確保しているというので
あれば、納得は行きますね。
一極集中はよくないのかもしれませんが、乗り換えが便利なように
してもらうのは大事なことかもしれませんね。時間が掛かっても
実現できるといいでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46073590

この記事へのトラックバック一覧です: しまんと転じて、うずしおに:

« 南風・しまんとで高松へ | トップページ | 特急剣山で阿波池田へ »