2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« サンライズ瀬戸で四国へ | トップページ | 宇多津で併結を観察する »

坂出駅で121系を撮影

  8月23日(日)

 サンライズ瀬戸を下車した坂出から、瀬戸大橋線の四国側のもう一つの出入り口と
なる宇多津へ移動する。乗車したのは、琴平行の121系電車2両編成。

C0908a105
(121系電車。坂出駅にて)

 121系というと、国鉄末期(1987年3月)に、四国島内の国鉄線が初めて電化された
際に導入された電車。すでに20年以上活躍している計算に。
 国鉄末期に登場した、205系や207系、211系に準じ、ステンレス車としてデビューした。
 ただ、車内はセミクロスシートで119系に近いのかなと感じた。
 JR化後は、JR四国独自の6000系が導入されたり、他社から移ってきた113系が
リニューアルされて活躍しているが、121系もまだまだ活躍するのだろう。

 それにしても、予讃線側は国鉄時代末期の観音寺電化から新居浜、今治、伊予市と
区間電化を含めて、随分と距離を伸ばし、最終的に高松~伊予市間が電化された。
 しかし、土讃線側は観音寺電化と時同じくして、多度津~琴平が電化されたものの、
やはりそれ以南の旅客流動を考えると、系統が変わってしまうため、これから先も、
大胆な経営方針の変更でもない限り、琴平以南の電化はないのだろう。

 そんなことを考えつつ、松山から来た特急いしづち2号を撮影し、お隣の宇多津を目指した。

C0908a106
(坂出駅発車直前にやってきた特急いしづち2号)

(つづく)
 
★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 Kaz-Tさん
 

« サンライズ瀬戸で四国へ | トップページ | 宇多津で併結を観察する »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR四」カテゴリの記事

鉄:四国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46073342

この記事へのトラックバック一覧です: 坂出駅で121系を撮影:

» JR四国 121系 [ぱふぅ家のホームページ]
121系は、1987年、四国の国鉄路線が初めて電化されるのに合わせて製造された電車である。最高速度は100km/h。ステンレス製の2両編成で、コーポレートカラーである水色の帯を配している。 [続きを読む]

« サンライズ瀬戸で四国へ | トップページ | 宇多津で併結を観察する »