2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« OM102編成で運転した快速一村一山号とSL試運転を撮影 | トップページ | 南風・しまんとで高松へ »

振り子特急南風で高知へ

 再び、四国の話に戻ります。
~~~~~~~~~~~~~~~
  8月23日(日)

 窪川での昼食調達を失敗し、今度は南風20号に乗車。

C0908a142
(窪川駅に進入する南風20号)

 列車は2000系3両編成。
 せっかくトロッコは振り子じゃなかったのだが...

 なお、中村始発ということで、既に座席が半分以上埋まっていた。
 仕方ないので、前頭運転台の後ろに陣取り、車窓を楽しんでいくことにした。
 もっとも、これから目指すのは高松駅。窪川発車時点では、南風20号(岡山行)のみの
3両編成で、高松行のしまんと4号は高知で増結となり乗り換える必要があった。
 窪川~高知間は約1時間と距離が短いので、無理に座席を確保する必要はなかった。

 窪川を発車し、少し走ると、上り勾配が続き土佐久礼へ。
 駅の手前では、草木の合間から久礼湾を望むことができた。

 
 須崎では、特急あしずり1号と交換する。
 こちらが若干先着したため、あらためて先頭車を撮影してみると...

C0908a143
(乗車中の南風20号。ヘッドマークが...)

 破損してしまったのか、ヘッドマークの幕が入っていなかった。

 そして、特急あしずり1号。

C0908a144
(須崎駅に進入する特急あしずり1号)

 この特急あしずり号は、下り列車のみの設定で、早朝の送り込みとして高知~須崎間、
データイムに高知~中村間の合計2本しか運転していないイレギュラーな系統の列車。
 その運転系統からもわかるとおり、高知から奥でないと撮影できないことを考えると、
偶然ながら撮影できてラッキーだったのかもしれない。

 
 なお、高知駅までの区間、前頭で駅の構造を観察して気づいたのが、特急運転線区にも
関わらず、Y字ポイントやスプリングポイントが点在したこと。これにより速度を落とさざるを
得ず、せっかくの振り子列車も宝の持ち腐れでは?と思ってしまった。

 ただ、それ以外の区間では、急曲線でも比較的高速で突っ込んでいく。
 実はそれだけでも、高速化には十分なのかもしれない...


 また、高知駅の前後は、ケータイ国盗り合戦で盗るところが多く、気が抜けなかった。
 小村神社前を通過した辺りから「伊野・仁淀」「朝倉・長浜」「旭・一宮」と続く。
 しかも、この辺りで立っているのに、ウトウトし出す始末。
 盗りこぼしたら、もう一度とはいかない区間だったので、何とか我慢した。


 そして、円行寺口駅の手前から高架線に。
 そういえば、武蔵野線屋根上日記の管理人・マニはら氏が高知を訪れ、
高知駅が高架化されたと書いてあったなぁと思い出しているうちに高知に到着する。

 まだ先は長い。

(つづく)

« OM102編成で運転した快速一村一山号とSL試運転を撮影 | トップページ | 南風・しまんとで高松へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/46073572

この記事へのトラックバック一覧です: 振り子特急南風で高知へ:

« OM102編成で運転した快速一村一山号とSL試運転を撮影 | トップページ | 南風・しまんとで高松へ »