2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 今度はやくもに... | トップページ | ひかりレールスターで西へ »

上石見にて。そして岡山へ...

  7月26日(日)

 安来から乗車した特急やくも。大雨で止められて、1時間。
 朝から急いで飛びまくっていたので、待たされる時間はあまり長く感じなかった。
 1時間ほど待ったところで、新見行が区間運休になるようで、乗客がこちらへ。

C0907a243
(上石見で止められていた新見行普通列車)

 ただ、それと前後して、車内放送で、代行バスが新見駅から向かっていると。
 さて、どうなることやら...
 

 17時を過ぎ、線路点検があと30分ほどで終了し、その後に運転再開するとのこと。
 また、そのためバスによる代行輸送は行わないとも。
 ここでバスに乗り換えた場合、先がどうなるかを考えると...
 そして、ふと気づいた時には新見行は米子方面に折り返していなくなっていた。
 確かに、ここで抑止されている必要はないように感じた。

 結局、17時35分頃、約2時間半の遅れで運転再開する。
 ただし、速度を落として運転するため、通常よりゆっくり走行していく。

 上石見を出てトンネルを抜けたところで、盗りこぼしていた「新見」盗りに成功する。
 そして、線路と平行して流れる川は、大雨のせいで水が濁り水位も上がっていた。


 足立。
 ここで10分ほど停車し、下りやくもと交換する。
 時刻表から推測すると、こちらが運転見合わせとなった15時頃、新見駅に停車して
いた、やくも15号だろうか?車内に乗客の姿は殆ど無かった。
 なお、バスでの代行は新見からと言っていたので、この列車が対象になったのだろう。

C0907a244
(足立駅で交換した下りやくも)

 交換した下りやくもが、ここまでの線路の状況を確認していたようで、足立から
所定速度での運転に。あとはどれくらい遅れを回復できるかということに。


 布原、新見でも、下りやくもとそれぞれ交換する。
 この2本にはどちらも乗客がいたので、このあとは列車での運転となるのだろう。
 新見を発車した時点で2時間54分。
 当初計画した行程との差は、安来発車時点で時間あったが、大雨の運転中止と
その後の徐行とで、6分まで縮まる。それでも安来までの貯金で、その後の行程に
穴を開けずに行けそうなのがせめてもの救いかもしれない。

 
 その後、交換待ちなどもあったため、倉敷に到着した時点で3時間遅れ。
 当初乗車しようとしていたやくもの時刻と同じになってしまった。
 もっとも、当初乗車を予定していた列車は、倉敷駅の発車案内標によれば運休に
なったようなので、そう考えると安来駅までの判断は正解だったのかもしれない。

 そして、岡山に到着する直前、「岡山城」を無事拾うことが出来た。
 終点の岡山には、3時間ちょうどの遅れで到着。
 今度は山陽路を西へ。まだ旅はつづく。


(つづく)

« 今度はやくもに... | トップページ | ひかりレールスターで西へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45751428

この記事へのトラックバック一覧です: 上石見にて。そして岡山へ...:

« 今度はやくもに... | トップページ | ひかりレールスターで西へ »