2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 決戦!関ヶ原の旅 第2弾へ | トップページ | みかどで「あんかけパスタ」を »

長野から特急しなので西へ

  7月25日(土)

 長野駅から乗車したのは、しなの18号。
 車両はJR東海の383系8両編成。

C0907a204
(長野駅に停車中のしなのと快速妙高)

 このところ、振り子電車にはやられっぱなしなので、少し心配だったりする。
 鉄道旅行が好きなのに、振り子車には本当に弱かったりする。
 なお、長野~中津川間については、普通列車利用と特急しなの号利用とでは、
その先の行程が明らかに変わってくるので、今回は接続が取りやすい多治見まで
乗車することにした。


 長野駅を発車し、長野新幹線の車内で拾い損ねた「待城」のことが気に掛かり、
何度か携帯電話を操作したところ、今井駅付近でなんとか拾うことが出来た。
 これで長野電鉄行きは回避することができた。

 篠ノ井でしなの鉄道と別れ、篠ノ井線へ。
 稲荷山~姨捨間の桑ノ原信号場で下り115系がこちらの通過を待っていた。
 スイッチバック式のため、引き上げを待つ間、信号場の手前に停車する。

 続いて、お隣は姨捨駅。
 駅の少し手前では、姨捨駅から見える善光寺平について車内放送で観光案内
していた。何度かしなの号を利用していたが、こういった観光案内は初めてだった。
 なお、長野新幹線に乗車したときはいい天気だったが、明科を通過する辺りで
雨が落ちてくる。雨男だったかな...

 塩尻に停車し、123系ミニエコーがいるなぁなんて思っているうちにウトウトする。
 気がつけば中津川。しばらく国盗りがなかったため、少し気を抜くことが出来た。
 そして、長野県内で降っていた雨も岐阜県に入り、雨は上がったようだ。

 多治見で下車し、ここから今回の青春18きっぷの旅が始まる。
 なお、下車した多治見駅は橋上駅舎化を進める工事のため、駅舎はプレハブに。

C0907a205
(工事をしていた多治見駅の駅舎)

 多治見から乗車したのは、快速ナイスホリデー木曽路。
 編成は、前から313系2両+311系4両の6両編成。
 通常は中津川発名古屋行の快速列車だが、観光シーズンのみ塩尻~中津川間を
延長運転し、列車名もつけられている。しかしながら、ヘッドマークは取り付けられて
いなかった。そういえば、2007年秋に美濃太田から乗車した快速さわやかウォーキング号
ヘッドマークが取り付けられなかった。

 なお、乗車していて気になったのは、異形式(313系)と連結しているせいなのか、
駅を発車する度にガクンと大きく揺れていたこと。
 駅間の乗り心地は悪くなかったのだが...

 途中の勝川駅付近では高架化工事が進められ、既に下り線は高架上に上がり、
上り線も間もなくといった感じだった。

C0907a207
(勝川駅上りホーム。車内から)

 そしてこのまま、名古屋まで乗り通した。

C0907a208
(名古屋駅まで乗車した311系)

 
(つづく)

« 決戦!関ヶ原の旅 第2弾へ | トップページ | みかどで「あんかけパスタ」を »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道:JR海」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

駅舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45741122

この記事へのトラックバック一覧です: 長野から特急しなので西へ:

« 決戦!関ヶ原の旅 第2弾へ | トップページ | みかどで「あんかけパスタ」を »