2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 日本海沿いを西へ(2) | トップページ | 上石見にて。そして岡山へ... »

今度はやくもに...

  7月26日(日)

 鷺の湯温泉から無事に戻ったところで、再び陰陽縦断。
 今度は、伯備線で岡山を目指すことに。
 当初は新見まで普通列車で行くつもりだったが、前の記事の通り、ここまで早く進んだ
ため、安来駅に到着した時点で、当初の予定より3時間も早くなっていた。
 一番早い普通列車は生山行で、その前を特急やくも20号が先行する。
 今後の行程を考えると、せっかく早回りできているのだから、ここで1本でも早い列車に
乗車した方がその後の行程もかなり有利になるとわかり、安来から特急やくもに乗車する。

 何とか座席を確保することはできたが、日曜の午後の上りと言うことで、お隣の米子で
ほぼ全ての席が埋まった。当初の行程だったらどうなっていたことやら...

C0907a242
(安来駅に進入する特急やくも20号)

 それにしても、振り子電車は苦手だって言うに、また乗車するハメに。

 伯備線内に入り、山陰地方で唯一盗れていなかった鳥取南部の「日野」盗りに成功。
 あとは岡山県内に入り「新見」だなと思ってウトウトしていると、上石見駅で停車する。
 よく見ると新見行が停車している。列車の交換待ちだろうと思っていると、車内放送が...
 「備中神代~上石見間で時雨量30ミリ以上の降雨があったため、運転を見合わせており、
運転再開にはしばらく時間がかかる見込みです」と...
 『あちゃ~、やってもうた』と言っても後の祭り。
 仕方ないので気長に待とうと腹を括る。
 
 しばらくして、備中神代方から徒歩巡回で線路点検をしている旨の車内放送があり、
車掌氏が車内巡回をしながら、肉声で現在の状況を説明していた。
 このことが効を創したのか、車掌に突っかかる乗客は居なかった。

 まぁ、こんな日に出掛けてしまったことを悔やむしかないのだろう。
 もっとも、これから来る列車を駅で待つよりは、屋根があり空調が効いている車内で
ゆっくり出来るのだからと、なんか妙にあっさり割り切れた。
 それに、隣に停車している新見行よりは早く発車できることだし。


(つづく)

« 日本海沿いを西へ(2) | トップページ | 上石見にて。そして岡山へ... »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45751408

この記事へのトラックバック一覧です: 今度はやくもに...:

« 日本海沿いを西へ(2) | トップページ | 上石見にて。そして岡山へ... »