2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 喜多方でラーメンを | トップページ | 喜多方から郡山へ »

喜多方の街をぶらつく(2)

  6月19日(金)

 坂内食堂でラーメンを平らげ、喜多方駅まで戻ることに。
 往路、駅から来る途中、交差点の角で見掛けた、風情のある商店。
 その商店の裏にある蔵を外から見学できるようになっていたので、立ち寄って
見ることにした。

 その商店の名は「若喜商店」。
 味噌や醤油を醸造していてるとのこと。
 そして、その敷地の建造物が、国の登録有形文化財になっているそうだ。

 今回、外から見学したのは、風情のある商店に隣接した蔵。
 レンガが積まれた蔵屋敷だった。
 中は2階建てで、1階は縞柿(しまかき)の間、2階は桧の間と呼ばれていて、
それぞれ、その名前の材木が用いられている。
 特に、1階の室内に使用されている縞柿は、日本海沿いの一部の地域でしか
採れない貴重な樹木で、蔵を造れるほどの材木の数となると、一度には集める
ことが出来ないそうだ。この蔵を建てた代のご主人が隠居に向け、長年集めて
きたようだと店の方から話を伺った。

C0906a099
(店舗裏の蔵屋敷)


 つづいて、交差点側の店舗。
 こちらは昭和初期に建てられたもので、設計は地元出身の大成建設の元社長
本間嘉平氏が、東京工業大学の卒業研究の際に設計したものとのこと。

C0906a100
(若喜商店の店舗。交差点向かい側から撮影)

 店の方から一通り、建物について伺った後、販売していた醤油を購入した。
 後で気づいたのだが、持って帰らなくても送ってもらえばよかったのでは?と...
 ただ、試飲?させてもらって、以前銚子の工場でもらった醤油などとは、
明らかにその種類が違うなと感じることが出来たため、購入することにしたので、
出会えたことには満足だった。

 
 それにしても今回、平日に訪れたため、比較的空いていて、店の方から
お話を伺うことが出来たのはラッキーだったのかもしれない。
 休日であれば、もっと賑わっていてそれどころではなかったのだろうから...
 今回のような平日の街歩きで、いい気分転換になった。
 
 
(つづく)

« 喜多方でラーメンを | トップページ | 喜多方から郡山へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45425885

この記事へのトラックバック一覧です: 喜多方の街をぶらつく(2):

« 喜多方でラーメンを | トップページ | 喜多方から郡山へ »