2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 村上から新潟経由で新津へ | トップページ | 青森からさらに北を目指す »

寝台特急日本海で青森へ

  7月20日(月)

 新津から乗車した寝台特急日本海、目が覚めたのは秋田到着直前。
 この日最初の仕事は、秋田~土崎間で「湊城」を拾うことから。
 目を覚ますため、秋田駅の停車時間でホームをぶらつく。

 秋田を発車したところで、「湊城」を拾う。
 さすがに秋田となると、一回盗りこぼしてもう一度というわけにはいかない。
 何度でも盗り直しが利くところならいいが、遠かったり便が悪いところは、
大抵時間だけでなく、コスト面も...
 さらに、鯉川駅で運転停車した際に、「能代」盗りも成功する。
 朝の一仕事を終えホッとしたのか、大館を発車するぐらいまでもう一眠り。
 それにしても、19日は秋田新幹線が終日運休になったり、奥羽線なども
一部の区間では運転を見合わせるなど、かなりの大雨だったようだが、
この日の天気は薄曇り。
 途中の駅で止められること無く順調に北上していく。
 

 そして、大鰐温泉を発車したところで「堀越城」を拾う。
 これで寝台特急日本海に乗車して、果たすべき仕事はクリア出来た。
 それにしても、寝台列車での国盗りは夜行バスほどではないが、
途中であまり停車しないことから、難易度が高いように感じた。

 無事に青森に到着する。
 これで、奥羽本線の全区間を乗りつぶしたことに。
 ただ、乗りつぶしとなった追分~鷹ノ巣間は、ほぼゴロ寝状態だったので、
また機会があれば乗りに来て、車窓から流れる景色を眺めなくてはと思った。

C0907a113
(青森に到着した寝台特急日本海)

 
 駅内で少し撮影した後、埼玉屋という小さい食堂で朝食を摂ることに。
 何を食べようか迷ったが、なんとなく気になったいくら丼を注文した。

C0907a114
(埼玉屋のいくら丼)

 腹が空いていたのか、あっと言う間に平らげてしまう。
 700円で味噌汁付きと、朝から満足したところで、駅に戻る。 


(つづく)

« 村上から新潟経由で新津へ | トップページ | 青森からさらに北を目指す »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急日本海で青森へ:

« 村上から新潟経由で新津へ | トップページ | 青森からさらに北を目指す »