2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« E3系使用のつばさで山形へ | トップページ | HM付きのE217系を撮影 »

左沢線を一往復

  6月19日(金)

 山形駅から乗車したのは左沢線。
 この日は山形泊まりで、まだ陽も暮れかかっている時間だったので、
この機会に乗りつぶすことにした。


 在来線ホームに向かうと、なにやらDE10が停車していた。
 後で調べたところ、この数日後に左沢線で運転された風っこ号の送り込みで
やって来たものと判明。喜多方でラーメンを食べていなければ...

C0906a111
(山形駅に停車していたDE10 1651)

 
 そして、山形駅から乗車したのは、4両編成のキハ100。
 高校生の帰宅時間と重なってしまったため、車内は混み合っていた。

C0906a112
(山形駅で発車を待つ左沢行)

 
 山形駅発車時点では車内は席は全て埋まり、立ち客も多くいた。
 途中の羽前山辺と寒河江が降車のピークで、寒河江を出ればガラガラに。
 そして、柴橋はホーム長が短いので、後ろ2両は締切扱いだった。
 そのせいもあり、車掌氏は一駅ごとに中間車の運転台を駆使して、
ドアを開け閉めしていた。


 左沢。
 路線名は終着駅であるこの駅名に由来しているようだが、路線の中心となると
昼寝中の車両が留置されていた寒河江になるのだろう。もっとも、データイムに
なると、寒河江以西の運転本数が極端に減ることからもよくわかる。
 とりあえず短い折返し時間を利用し、駅舎を撮影する。

C0906a113
(左沢駅駅舎)


 左沢で折返し山形へ。
 帰りはガラガラだった。
 

« E3系使用のつばさで山形へ | トップページ | HM付きのE217系を撮影 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄:東北」カテゴリの記事

国盗り合戦」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 左沢線を一往復:

« E3系使用のつばさで山形へ | トップページ | HM付きのE217系を撮影 »