2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 国盗り合戦義の章・佐渡編 | トップページ | 新潟駅で撮影 »

両津港でクハ45を見る

  6月18日(木)

 爆睡してしまったものの無事に両津港でバスを下車。
 帰りのジェットフォイルまで1時間以上あったので、往路両津港のフェリー乗り場に
到着し、竹田橋に向かう前にバス停から見えていた気になるものを見に行った。

C0906a053
(両津港のフェリー乗り場近くに放置されていた電車)

 確か、佐渡に電車は走っていなかったはずだが...

 で、後日。
 この記事を書くに辺りネットを調べたところ、新潟交通のクハ45とのこと。Wikipedia
 そういえば、この島を走るバスは新潟交通の子会社である「新潟交通佐渡」。
 新潟交通の勢力圏内にあり、佐渡に連れてこられてしまったのだろう。
 再利用されたということなのだろう。
 Wikipediaによれば、湖の遊覧船の待合所として利用されていたらしいが、
現在はその遊覧船自体が廃止されてしまったようで、この電車自体も待合所としての
役目を終えたようだ。
 それにしても、海を目の前にしたところに置かれているため、きちんと整備しないと、
朽ち果ててしまうのは時間の問題では?なんて感じがした。


 そして、フェリー乗り場へ向かうことにした。
 乗り場前には、佐渡の民謡「佐渡おけさ」の振り付けをした像が建てられていた。
 ジェットフォイルで到着したときは、バスのことを考えていたので、気がつかなかった。

C0906a054
(乗り場前に立てられた佐渡おけさの像)

 フェリー乗り場に向かうと、予約した便の1本前のジェットフォイルが出航する直前だった。
 クハ45を見ていなければ、1本早い便に乗れたのかも...
 もっとも、待っても1時間。万代橋で購入した便で帰ることにした。

 とはいえ、やることがあるわけではない。
 仕方がないので、「金太郎」という小豆の氷バーを食べて待つことに。
 腹が空いていたのか、気がつけば写真も撮らずに2本食べ終えてしまっていた。


 そして50分後。
 自分が乗る便の改札が始まったので、改札内へ。
 そこには、今年開催される新潟県の「トキめき新潟国体」のカウントダウンの掲示板が。
 あと、ちょうど100日とのこと。そういえば、竹田橋まで乗車したバスのラッピングも...

C0906a055
(改札内に設置されていた掲示板は、開催まであと100日...)

 ちなみに帰りに乗船したのは、往きにも乗船した「すいせい」。
 こちらが妙宣寺へ往復している間に、万代橋(新潟市)まで往復していたようだ。

C0906a056
(帰りも乗船した「すいせい」)

 とりあえず、拾うものを全て拾えたせいか、新潟に到着する直前まで爆睡だった...
 帰りは急がないので、万代橋から新潟駅行のバスに乗車し、新潟駅へ。
 これで一日目の行程が終了。能登から始まった、なんとも中身が濃い1日だった。
 

« 国盗り合戦義の章・佐渡編 | トップページ | 新潟駅で撮影 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45466270

この記事へのトラックバック一覧です: 両津港でクハ45を見る:

« 国盗り合戦義の章・佐渡編 | トップページ | 新潟駅で撮影 »