2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 高山線を北上。下油井にて | トップページ | さらに北上し、猪谷へ »

特急ひだでショートカット

  4月 6日(月)

 春の青春18きっぷの旅・最終日となったこの日。
 今回の高山線を全線乗車する行程を組むことにしたが、普通列車で日中に
走破しようとすると、上下ともに下呂~高山間で列車がなく、なかなか難しいと
考えていた。
 ちなみに前回(2007年)、富山から岐阜に向かった際は、列車の接続が
うまくいき、全線を普通列車+臨時快速(さわやかウォーキング)で、
高山本線を全線乗り通すことが出来た。
 
 そして今回は、高山線沿線の国盗りを完了させるため、どうしても全線を
乗車する必要があった。出来れば、青春18きっぷで乗り通したかったが、
今回は最小限度の下呂~高山間をひだ5号に乗車してショートカットすることに。
 なお、ひだ5号は岐阜駅で名古屋からの編成に、大阪から来るひだ25号を
連結して高山まで運転する。そして今度は高山で大阪編成を切り離し、
名古屋編成のみで飛騨古川まで運転する。

 
 当日。
 美濃太田からの列車は本屋から離れた3番線に到着する。
 しかも停止位置の関係で、階段から少し離れたところだった。
 ここから特急ひだ5号に乗り継ぐため、一旦改札を通り、外に出ることにする。

C0904a155
(下呂駅駅舎)


 そして、ホームに戻りひだ5号に乗車する。
 
C0904a156
(下呂駅に進入するひだ5号)

 下呂から乗車したのは6号車。名古屋から来た編成だった。
 グリーン車はガラガラだったが、指定席はほどよく埋まっていた。
 デビューした頃と変わらぬ加速のよさで高山を目指していく。

 それにしても、このような普通列車の接続が悪い路線に乗車する度に思うのが、
もう少し接続を考えたダイヤを組めないものかということ。
 もっとも時代が変わり、一つの路線を長い区間乗り通す乗客が減ったということ
なのだろう。そうでなくとも、最近は列車の運行管理がしやすいよう、区間ごとに
列車を設定しているところが多いため、乗客が少ない区間については、徐々に
列車の本数が減ってしまったのだろう。
 それはここだけではなく、上越線水上~越後中里間なども同じかもしれない。
 大抵の場合は分水嶺や生活圏の境などが影響していることが多いようだ。
 そんなことを考えているうちに、高山駅のホームに滑り込む。

 高山駅に到着すると、ほとんどの乗客が下車する。まだ春休み期間ということで
観光客が多いようだった。そしてこの高山駅で、名古屋編成と大阪編成を手早く
分割し、名古屋編成のみで終点の飛騨古川を目指して発車していった。

C0904a157
(分割し終えた名古屋編成)
 
 こちらは、再び普通列車に乗り継ぎ、さらに北を目指すことに。
 まだ長い。

(つづく)

◆関連記事
 2007年秋の高山線(高山→美濃太田)
 2007年秋の高山線(美濃太田→岐阜)
  

« 高山線を北上。下油井にて | トップページ | さらに北上し、猪谷へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR海」カテゴリの記事

鉄:中部」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45104784

この記事へのトラックバック一覧です: 特急ひだでショートカット:

« 高山線を北上。下油井にて | トップページ | さらに北上し、猪谷へ »