2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 急行能登を目指して上京 | トップページ | 急行能登号で北を目指す »

上野駅で撮影(北陸と能登)

  6月17日(水)

 国盗り合戦「天地人 直江兼続紀行」で新潟県を巡るため、いったん上野駅へ。
 少し早めに到着したので、先行する寝台特急北陸号を撮影することにした。

 この北陸号は、上野駅で機回し作業が出来ないため、車両基地があるお隣の
尾久駅から推進回送でやってくる。まず、そんな姿を撮影する。

C0906a001
(推進回送で上野駅に進入する北陸号)

 北陸号には個室B寝台・ソロが連結されていて、けっこう人気があるようだった。
 確かにオープン寝台と比べ、一定のプライベート空間が確保され、料金が同じ
ならば、個室(ソロ)から売れていくのは当然のことかもしれない。

 そして、けん引機は長岡のEF64 1053。

C0906a002 (ヘッドマークが取り付けられた1053号機)

 北陸号を撮影したところで、能登号に乗車するため、特急ホームへ移動する。
 特急ホームでは勝田行の最終、フレッシュひたち75号が停車していた。

C0906a003
(最終のフレッシュひたち75号)

 この列車はフレッシュを名乗りながら651系で運転される列車。
 おそらく勝田への入出庫を兼ねているのだろう。

 それから15分程して、能登号になる編成が、古河からの回送列車として到着。
 当然ながらヘッドマークは「ホームライナー」。

C0906a004
(上野駅に到着する回送列車)

 なお、ホームライナーのヘッドマークは、電照式のものではなく金属板に文字が
書かれたものだった。

 到着後、速やかにヘッドマークが外される。

C0906a005
(ヘッドーマークが外される)

 外された所には、電照式の「能登」のヘッドマークが取り付けられていた。

C0906a006
(準備完了)

 このあと、発車時刻寸前まで、車両を観察し、一路越後の国を目指すことに。

 
(つづく)

« 急行能登を目指して上京 | トップページ | 急行能登号で北を目指す »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45382492

この記事へのトラックバック一覧です: 上野駅で撮影(北陸と能登):

« 急行能登を目指して上京 | トップページ | 急行能登号で北を目指す »