2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 真夜中の長岡駅で折返し | トップページ | 直江津駅で撮影 »

直江津で兼継ラッピング車を

  6月18日(木)

 4時13分。
 直江津駅で能登号を下車。

C0906a011
(直江津駅に到着した急行能登号)

 天候は弱いながらも雨。
 この先の行程に少し不安を感じる。

 なお、乗り継ぐ列車までしばらく時間があったので、しばしホームで撮影することに。
 まず、北陸線の普通列車が発着するホームに留置されていた475系と485系。

C0906a017
(留置されていた475系と485系上沼垂車)

 
 続いて、駅南側の留置線を撮影しようとすると...
 当初は、快速妙高2号に乗車して妙高高原まで向かい、折り返す予定だったが、
直江津駅の側線に留置されていた北越急行の車両を見て計画を変更する。
 というのも、留置されていたのは、「天地人」兼継ラッピング車だった。

C0906a012
(留置中のHK100型ラッピング車。側面から)

 運転開始はしていたのは知っていたが...
 ちなみに、この編成を用いた列車は、直江津から越後湯沢に向かう北越急行線の
初列車、6時00分発の快速・越後湯沢行に充当されるので、この編成がホームに
入線したところを撮影してから、南を目指すことにした。
 それにしても、今回の旅は国盗り合戦は「天地人 直江兼続紀行」ということで、
なんとなく幸先のよいスタートとなりそうな気がした。

 しばし、他の列車を撮影して時間をつぶす。
 そして、発車の15分ほど前に入線する。
 ただ、この時は隣のホームに115系の回送列車が停車していたため、並びで撮影した。

C0906a013
(ホームに据え付けられたHK100型ラッピング車と115系)

 まさか、115系の回送列車がこのまま居座り続けるのでは?と思っていた矢先、
長岡方面に向けて発車していったので、まず編成撮影から。

C0906a014
(直江津駅で発車を待つ兼継ラッピング車)

 なお、側面には「天地人」と大きく書かれていると共に、ドラマでは直江兼継役を
演ずる妻夫木聡の姿が車体に大きく描かれていた。

C0906a015
(兼継役の妻夫木聡が大きく描かれていた)

 また、貫通扉には、兼継の兜に書かれた「愛」の文字をイメージしたヘッドマークが
取り付けられていた。文字は書かれたものではなく、立体的に取り付けられていた。

C0906a016
(「愛」という文字のヘッドマーク)

 この編成は、「ゆめぞら」のように限定して運用されていないため、タイミングよく
出会うことは難しいことを考えると、ちょっとした行程の変更により、このように観察
することができて、運がよかったようだ。

 
(つづく)

◆関連記事
 2008年1月に撮影した「ゆめぞら」
 2009年1月に乗車した「ゆめぞらⅡ」
 

« 真夜中の長岡駅で折返し | トップページ | 直江津駅で撮影 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:北越急行」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:北陸」カテゴリの記事

鉄:甲信越」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45382755

この記事へのトラックバック一覧です: 直江津で兼継ラッピング車を:

« 真夜中の長岡駅で折返し | トップページ | 直江津駅で撮影 »