2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 新宮から北へ(2):新鹿にて | トップページ | 新宮から北へ(4):亀山にて »

新宮から北へ(3):紀伊長島

  4月 5日(日)

 亀山行きでまだまだ三重県内を北上する。

 尾鷲。
 2分弱の停車。停車時間を利用して、有井から乗車した青春18きっぷの
グループは、この区間を何度か乗車し慣れているのか、駅本屋側にある
KIOSKへ駆け足でビールを買いに行っていた。
 新宮から乗車して1時間20分。終点の亀山まであと3時間。今回は新宮で
事前にめはり寿しを調達してあったからいいものの...
 この辺りの鉄旅の食事情はなんとも気になるところ。


 4駅進んで紀伊長島。11分停車。
 列車の交換は前後の三野瀬と伊勢柏崎であったため、ここでは運転士の
交代のみ。停車時間を利用して、駅内の観察と駅舎の撮影することに。

C0904a133
(紀伊長島駅駅舎)

 
 駅には、駅係員はいたが、駅舎内にキオスクは既に営業を終えたのか、
シャッターが降りていた。
 先述したとおり、尾鷲での停車時間は2分。このあとも売店がありそうな
主要駅では停車時間が短いため、乗り通す場合の車内食については、
少し気をつけた方がいいように感じた。そう考えると、列車が細切れでも、
乗り継ぎに少し時間がある方がいいようにも感じた。

 まだ時間があったので、乗車した列車を最後部から撮影する。

C0904a134
(乗車した亀山行。紀伊長島駅にて)

 2両ともキハ11 300番台で、乗車した方がトップナンバーの301で、
後ろの車両は305だった。

 そして、紀伊長島を定刻通り発車。
 ここまで、進行右側に広がっていた熊野灘と別れ、進路を北に変えて
一気に勾配をかけ上がっていく。トンネルを抜けると、今度は進行左側が
開けてくる。このまま内陸部を進み、参宮線との分岐駅である多気駅を
目指し、進路を北に北東に山の合間を抜けながら、さらに駆けていく。


(つづく)

« 新宮から北へ(2):新鹿にて | トップページ | 新宮から北へ(4):亀山にて »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR海」カテゴリの記事

鉄:中部」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/45207344

この記事へのトラックバック一覧です: 新宮から北へ(3):紀伊長島:

« 新宮から北へ(2):新鹿にて | トップページ | 新宮から北へ(4):亀山にて »