2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 国盗りのため常陸太田へ | トップページ | 京葉線で都内へ »

鹿島臨海経由で千葉県へ

  5月 4日(月)

 水郡線から降り、今度は南を目指すことに。
 まだ攻めていない「銚子」を盗るため、乗りつぶしを兼ねて、
水戸から鹿島臨海鉄道に乗車して南を目指した。
 乗車したのは鹿島神宮行。6000系2両編成。

C0905a056
(水戸から乗車した鹿島臨海6000系)

 車内は座席が半分埋まる程度だったが、大洗で半数以上の客が降車する。
 大洗を出ると比較的長いトンネルへ。海岸近くを走るというイメージを持っていたが、
実際はトンネルが続いたりする区間もある路線だった。

 北浦湖畔駅。
 文字通り高架上の駅から北浦が見えたが、目の前というほどの距離でもなかった。

C0905a057
(北浦湖畔駅停車中、車中から撮影)

 大洋を出ると地上区間で、線路の両側に畑や住宅が広がる。
 鹿島灘。駅名からして、海が目の前かと思ったが、全くそんなことはなかった。
 ただ、なんとなく海が近いんだろうなと思わせるような風景は大洋辺りから続く。

 長者ヶ浜潮騒はまなす公園前。
 22文字の長い駅名。以前は日本一の駅名だったが、現在は他の鉄道に譲り渡している。
 ちなみに、駅名と同名の公園は無いようだ。というのも、地図で確認したところ、
「大野潮騒はまなす公園 」という公園はあったが...

C0905a058
(長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅の駅名標)

 ただ、ここに限らず、一畑、南阿蘇などもそうなのだが、競争のように長い駅名を
つけるのはどうかと思う。日本一と称しておいて、実際は省略した呼称や表示をする
のであれば、最初から省略した名称もしくは、「●●駅(××前)」のように駅名の後に
補足とすればいいのでは?と思った。
 駅名は町おこし(村おこし?)の道具ではないのだから...

 そして、サッカー開催時以外はほとんど通過となる、鹿島サッカースタジアム。
 駅名のとおり、県立カシマサッカースタジアムの大きい外壁を見ることが出来た。

C0905a059
(カシマサッカースタジアム。車内から)

 ここからJRの線路へ。架線が張られた線路を南に進んでいく。
 1時間10分ほどで鹿島神宮に到着。
 今度は鹿島線へ。数分の待ち合わせで成田行に乗り継ぎ、今度は都心を目指す。
 以前、この鹿島線に乗車したことがあったが、それから20年近く経つ。
 その時に乗車したのが113系だったのだが、今回乗車したのも113系(4両編成)だった。
 
C0905a060
(鹿島神宮から乗車した成田行)

 鹿島神宮を発車すると、程なくこの路線の特徴である北浦を渡る。
 なお、この北浦を渡る橋りょうは全長1236mあり、JR東日本の中では4位とのこと。
                              (JR東日本会社要覧2008より)
 その後も、十二橋駅の前後で常陸利根川や利根川を渡っていく。

 なお、国盗り合戦の「銚子」は、その十二橋駅に停車中にを盗ることができた。
 事前に調べておいたとはいえ、銚子まで行かなくて済んだのは助かった。
 もっとも、久しぶりになめろうを食べに行ってもよかったのだが...

 香取から成田線に入り、列車はさらに西へ。
 滑河駅で対岸の電波を拾ったようでは、国盗り合戦の「龍ヶ崎・牛久」を盗ることができた。
 そのまま乗車し、終点成田から総武線・横須賀線直通の快速久里浜行に乗り継ぐ。

 なお、乗車した快速は、成田空港から来た電車。
 そのせいなのか、車内はマスクをつけている人が多いように感じた。
 そして千葉で下車。ここでまた乗り継ぐ...
 

« 国盗りのため常陸太田へ | トップページ | 京葉線で都内へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:3セク」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44974769

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島臨海経由で千葉県へ:

« 国盗りのため常陸太田へ | トップページ | 京葉線で都内へ »