2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 両毛線・水戸線経由で下館へ | トップページ | 国盗りのため常陸太田へ »

下館から久下田まで1往復

 5月4日(月)

 下館駅から真岡駅を目指し真岡鐵道へ。
 真岡鐵道との乗り換え口でも臨時の精算窓口で乗車券を発売していたが、
あまりの混みようだったので、一旦改札を出る。と、券売機も行列が出来ていて
みどりの窓口で真岡までの往復乗車券を購入した。

 真岡鐵道のホームに向かうと、DE10にけん引されて来たSLの回送列車は、
茂木行の各駅停車が折返しとなるため、一旦側線に引き上げて待機していた。
 しかも、DE10は解放されていた。

C0905a044
(けん引してきたDE10。下館駅にて)

 この時、真岡鐵道のホームはSLに乗車する人と、先行する茂木行の各駅停車で
益子の骨董市に向かう人とで溢れかえっていた。
 何とか、ポイントを探し。側線に停車していたSL列車も撮影した。

C0905a045
(下館駅の側線で入線を待つSLもおか号)

 それから程なくして、茂木からの各駅停車が到着する。
 それとほぼ同時に、水戸線側には足利大藤まつり号が到着する。
 ということで、足利大藤まつり号を撮影する。

C0905a046
(前日も撮影した足利大藤まつり号。下館駅にて)

 撮影後、茂木行の列車に向かうと案の定車内は混みあっていた。
 ただ、こちらは乗車しても真岡まで。時間が掛かるわけでもないので、
つり革に掴まり揺られていくことにした。

 下館から4駅目の久下田。上り列車と交換待ちで3分停車。
 ここで携帯電話を操作してみると「栃木県芳賀郡二宮町」と表示され、
真岡に到着する前に「真岡」が盗れたので、すぐ引き返すことにした。
 ちなみに、その二宮町は2009年3月23日に真岡市に編入されている。

C0905a047
(久下田まで乗車した茂木行)

 乗車券は先述の通り、下館~真岡間の往復乗車券をあらかじめ
購入してあったので、すぐに引き返すことが出来た。
 久下田から乗車したのもモオカ14×2両編成だった。
 ただ、先程とは打って変わってガラガラだった。ゆったり足を伸ばして
下館に戻ることにする。1本早く下館に戻ることになったため、どこかで
SLと交換になるなと思っていた矢先、折本で交換待ち。

C0905a048
(折本駅で交換したSLもおか号)

 やって来たSLは、立ち客も出て盛況だった。
 それにしても、ここのSLは乗車する際に乗車整理券が必要と聞いていたが、
数に限りが無いのだろうか?と不思議に思った。
 というのも、1両あたり20~30人ほど立って乗車していた。とすると...
 いろんな列車に乗車してみたいと思っているが、こんな光景を見てしまうと、
さすがに遠慮してしまいそうなだ。
 そんなことを感じつつ、下館に到着。
 再び水戸線で東を目指すことに。
 

« 両毛線・水戸線経由で下館へ | トップページ | 国盗りのため常陸太田へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:3セク」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44959048

この記事へのトラックバック一覧です: 下館から久下田まで1往復:

« 両毛線・水戸線経由で下館へ | トップページ | 国盗りのため常陸太田へ »