2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 西を目指して | トップページ | 静岡県内を西に »

富士ぶさとすれ違い下田へ

  3月14日(土)

 国盗り合戦の東海道線沿いを目指したこの日。
 伊豆半島にも、「下田」と「大島・三宅・八丈」があり、後者は対岸盗りとなるが、伊豆稲取まで
行けばその両方が盗れるとわかった。また、伊豆高原以南はまだ乗車して事がなかったので、
乗りつぶしの目的も同時に果たそうと考えた。
 今回は、その後の行程などを考え、小田原から臨時特急スーパービュー踊り子1号に乗車し、
伊豆急下田を目指すことにした。

 当日。
 寝台特急「富士・はやぶさ」の東京着の列車をあわよくば、どこかで撮影をとも思っていたが、
前日から遅れが出ていると小田原駅でアナウンスがあり、乗り継ぐ列車の発車時刻になっても
やって来ないことが判っていたため、諦めてスーパービュー踊り子1号に乗車した。

 今回乗車したスーパービュー踊り子1号は、大宮から伊豆急下田に直通運転を行う臨時特急。
 湘南新宿ラインと同じルートではあるが、乗り換えなく伊豆急線内に連れて行ってくれると思えば、
便利なのかもしれない。そのせいか車内に入ると、座席は7~8割埋まっていた。

 小田原を出て最初の停車駅は湯河原。
 湯河原を出たカーブのところで「富士・はやぶさ」とすれ違う。
 今回は国盗りで対岸盗りを行う都合、えきねっとで事前に申し込み、海側の席を購入していた。
 そのため、すれ違いを間近に見ることは出来なかったし撮影もできなかったが、スーパービューの
大きい側窓のおかげで、東京に向け疾走する「富士・はやぶさ」を見送ることが出来た。

 熱海から進路を南に変え、伊東線~伊豆急行と進んでいく。
 そして、片瀬白田を発車し一つめのトンネルを抜けたところで、、「大島・三宅・八丈」を盗ることが
出来た。その後も車窓から見える大島を眺めつつ、伊豆急下田まで乗り通す。

C0903a203
(車窓から伊豆大島)

 なお、列車が遅れた影響で、本来であれば伊豆急下田に到着と同時に発車していく熱海行の
普通列車と蓮台寺で交換する。車両はリゾート21だった。

 伊豆急下田に到着し、帰りは普通列車で熱海に戻る予定だったが、持参した時刻表を確認すると
乗車してきたスーパービュー踊り子1号の折返しとなるスーパービュー踊り子4号に乗車すると、
途中の伊豆高原で蓮台寺で行き違いとなった熱海行普通列車に追いつくことが判明。
 しかも、伊豆急行線内であれば、指定席特急料金は500円という事で、急いで特急券を購入する。
 発車間際のスーパービュー踊り子4号に乗車し伊東を目指した。

C0903a204
(伊豆急下田駅に停車中のスーパービュー踊り子4号)

 追いつく事だけを考えれば、伊豆高原まででも良かったのだが、結果としてホームが違ったため、
伊東まで購入して正解だったようだ。

 伊東から、リゾート21が充当されている熱海行普通列車に乗り継ぎ熱海へ。

C0903a205
(伊東駅に進入する熱海行)

 宇佐美でリゾート21黒船電車とすれ違う。

C0903a206
(宇佐美駅ですれ違った黒船電車)

 乗車したのもリゾート21だったが、色が違うだけで雰囲気も変わってくる。
 そういえばこの黒船電車は、5月に立川から南武線経由で伊豆急下田まで運転されるようだ。
 その運転ルートが、通常は旅客列車が運転しないルートのようなので、人気が出そうな気が。

 そして、熱海に到着。
 ここから再び、東海道線で西をめざす。
 

« 西を目指して | トップページ | 静岡県内を西に »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44599747

この記事へのトラックバック一覧です: 富士ぶさとすれ違い下田へ:

« 西を目指して | トップページ | 静岡県内を西に »