2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 熊取へ。阪和線を1往復してから... | トップページ | 束の間の奈良観光 »

学研都市線経由で奈良へ

  4月 2日(木)

 国盗り合戦の旅4月編第1弾も後半戦。
 そろそろ帰る気持ちにならないと、家にたどり着けなくなってしまう。
 この日は京都から、草津~柘植~加茂~天王寺~熊取~新今宮と巡り、
京橋までやって来た。今度は学研都市線に乗り継ぎ、目指す方角は東。
 乗車したのは快速木津行。207系7両編成だった。

 途中、徳庵付近では、この駅が最寄りの近畿車輛の工場が見えた。
 工場内には、683系とおぼしき特急型の車両が見えた。
 6月のダイヤ改正で新しい車両がサンダーバードに充当されるようなので、
その車両だったのかもしれない。

 さらに進み京田辺。
 ここで後ろ3両を切り離し、身軽な4両編成に。
 この辺りまで来ると30分ヘッドの運転となるが、乗車した日はガラガラだった。
 少し先の三山木まで来ると近鉄の線路が並走する。駅も目の前だったりする。

C0904a058
(JR三山木駅から近鉄三山木駅を見る。)

 こうなると客の取り合いとなり、単線運転の学研都市線は分が悪いのだろうか?
 車両はJRの方がいいようにも思えたが。やはり木津止まりというのが中途半端
なのかもしれない。奈良まで乗り入れれば少しは違うのかもしれないが、それ程
ニーズも無さそうにも思えた。そんなことを考えているうちに木津に到着する。

C0904a059
(京橋から乗車した快速。木津駅にて)


 当初の行程では、木津からみやこ路快速に乗車し京都に出て、新快速を2本
乗り継いで、東海道線経由で名古屋までたどり着く予定だった。
 しかし、この日の午前、関西本線の非電化区間で国盗り合戦の「柳生」を盗ることが
出来なかった。事前の情報どおり対岸盗り以上に難しかったので諦めるつもりだった。
 せっかく訪れたにと諦められなかった。なお、「柳生」や隣接する「宇陀」を
盗るのに一番最適なのは、名古屋~奈良間を結ぶ高速バスとのことだった。
 ということで、手持ちの時刻表で時刻表の高速バスのページを見ると、
丁度いい時間に奈良から名古屋に向かう高速バスがあることがわかった。
 なお、このバスは予約制ということだったので、携帯で奈良交通に電話して、
名古屋行高速バスを予約していた。
 木津~名古屋間の行程を変更し、みやこ路快速に乗り継ぎ奈良駅へ。

C0904a060
(木津から乗車したみやこ路快速。奈良駅にて)
 
 この日2度目の奈良駅に到着した。
 

« 熊取へ。阪和線を1往復してから... | トップページ | 束の間の奈良観光 »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:関西」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44837570

この記事へのトラックバック一覧です: 学研都市線経由で奈良へ:

« 熊取へ。阪和線を1往復してから... | トップページ | 束の間の奈良観光 »