2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 中津川からさらに北へ | トップページ | 人間ドック... »

国盗り経過報告(3月末時点)

 1月の青森旅行でスタートしたケータイ国盗り合戦。
 最初の2日間で、全体の10.17%近く(61国)盗れたことで、はまってしまったようだ。
 とりあえず、2008年度分(2009年1月~3月分)を振り返ってみることにした。

 まず青森旅行後、1月末の時点で関東近辺を巡ったりして、1月が終わった時点で23%(138国)。
 ただそれでも、「逗子・横須賀」の対岸盗りに失敗したりと、変なところを盗りこぼす。

C0901s514
(「逗子・横須賀」を盗りこぼす要因となった江ノ電。素直に逗子に行っていれば...)

 この盗りこぼしから、どの路線でどうやって盗っていくのかをよく考えて行程を組むように。

 さらに2月に入り、後輩O君との米坂詣で筒石で18きっぷ購入などもあり、新潟県内は
盗りこぼした「燕・三条」と「佐渡」を残すのみに。

C0902s024
(月形駅。ここまで起きていたのに、帰りにウトウトして「燕・三条」を盗りこぼす。)
 
C0902s319
(婦中鵜坂駅。ここで下車したため、猪谷駅付近の「大山」を盗りこぼす)

 2月が終わる頃には、28.6%(172国)に。
 筒石で入手した18きっぷをどうやって利用していくのかが一つの鍵になりそうだった。
 
 
 そして3月。その18きっぷを利用して旅立つ。
 まず第1弾は、定番夜行バス「シルクライナー」を利用して、山陰・山陽地方を攻めまくった。
 「シルクライナー」で京都に到着するまでの間だけで、17国。案外効率がよかった。
 ただ、乗車した記事にも書いたが、暗い車中で電波を拾っていくのは難しいと感じた。
 携帯電話を開くだけで、バックライトで照らされるため、「シルクライナー」のように、
車内が真っ暗になる夜行バスでは、目立たないように携帯電話を使うのは難しかった。

 京都から松江に向かった初日は、「スーパーはくと」という隠し球を使ったことにより、
日本海沿いを進むより、微妙に早く西に進むことが出来たため、レンタカーまで...
 昨年春の青春18きっぷの旅で、四国に渡る際に四国フェリーを利用し、
船が交通手段に登場したが、まさかレンタカーに手を出すとは思ってもいなかった。
 そんなレンタカーで訪れた多古鼻では、対岸盗りに成功し、日本海に沈む夕陽という
おまけも付いた。

C0903a027
(日本海に沈む夕陽。この頃から盗りこぼしが少なくなったが...)

 さらに、2日目は九州に渡ったりと無茶をした結果、山陽・山陰は残り5つまでにした。
 もっとも、5つのうち2つは、判断を誤らなければ盗れたかもしれないので、悔やまれる。
 この2つとは、山陽本線の「柳井」と伯備線の「日野」(生山駅付近)。
 どちらもわざわざ行くところではないような気が。これは後々尾を引きそうにも感じる。
 ただ、「柳井」を拾えなかった分、博多で「はやぶさ」を撮影するというおまけが。
 そんな第1弾は4日間で108国。トータルでは46.8%(281国)とほぼ半分に近づいた。

 そして中2日おいて第2弾。
 今度は、日中の東海道線をひたすら西へ。途中、伊豆急で対岸盗りをしつつ名古屋へ。
 翌日は快速みえで鳥羽まで往復後、中央西線をひたすら北上した。
 この2日間は、時間が掛かった割りに盗れたのは44国と少なかった。
 それでも、初日の浜松で300国を達成し、トータルでは54.1%(325国)までこぎ着けた。

 なお、3月の第2弾になると、北海道や四国、沖縄こそ手が着いていないが、名古屋付近は
3月だけで2往復したため、盗りこぼした箇所が10箇所を切り、とりあえず本州だけでも盗り
尽くせるのでは、と実感が湧いてきていた。

 そんなことを考えているうちに3月が終了。
 いよいよ新年度。4月を迎えようとしていた...
 

« 中津川からさらに北へ | トップページ | 人間ドック... »

国盗り合戦」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44671310

この記事へのトラックバック一覧です: 国盗り経過報告(3月末時点):

« 中津川からさらに北へ | トップページ | 人間ドック... »