2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« みすゞ潮彩号で下関へ | トップページ | 九州の玄関口、門司港へ »

下関から九州へ

  3月 9日(月)

 今回の青春18きっぷの旅。気づけば本州最西端である下関駅へ。
 みすゞ潮彩号から降り立ち、次に乗車するのは新田原行普通列車。
 新田原行の列車が発車するホームには、みすゞ潮彩号にあわせて、金子みすゞが描かれた
駅名標と詩が設置されていた。

C0903a046
(金子みすゞが描かれた駅名標)

 当初は、国盗り合戦の関係もあり、下関から山陽本線を揺られて東を目指すつもりでいた。
 ただ、ここまで来れば九州に行かないで帰るのももったいない。計画を立てる際、九州に渡る
パターンと、九州に渡らないパターンの2通りを考えた。その結果、九州に渡った場合、この日の
目的地である広島に向かうためには山陽新幹線を利用することとなり、結果的に国盗り合戦の
「柳井」を盗りこぼすことになる。しかしながら昨年、いろいろな場所を訪れたが、九州だけは
訪れることができなかった。とすれば、「柳井」盗りは宇部線などの乗りつぶしを兼ねて訪れた
際にすればいいかと判断した。(と、自分に言い訳を...)

 下関から乗車したのは415系4両編成。
 まずは関門トンネルをくぐり門司へ向かうことに。

C0903a047
(下関から乗車した新田原行)

 前回、関門トンネルをくぐり九州への上陸を果たしたのは1993年の春だった。
 その時は、今回のダイヤ改正で廃止となった「はやぶさ」だった。その頃は、単独運転だった。
 それ以来、会社の先輩Kさんと旅行で九州を訪れたが、その時は飛行機とバスのみと、
JR九州は一度も利用することがなかった。

 ということで、関門トンネルから実感しなくてはと考えていたのだが...
 発車直前に隣の座席に来た初老の男性と話し込んでしまい、気がつけば門司に到着する
ところだった。ちなみにその方は、京都から八幡に向かっているジャズ奏者とのこと。普通列車を
乗り継ぎ様々なところで演奏しているそうだ。
 そんなことを喋っているうちに、気づけば九州に上陸。
 肝心の関門トンネルは、あっさり通過してしまった...

 そして、門司から門司港行に乗り継ぎ、九州の玄関口である門司港駅を目指すことに。
 

« みすゞ潮彩号で下関へ | トップページ | 九州の玄関口、門司港へ »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR九」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:九州」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44402072

この記事へのトラックバック一覧です: 下関から九州へ:

« みすゞ潮彩号で下関へ | トップページ | 九州の玄関口、門司港へ »