2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 時刻が変わったシルクライナー | トップページ | 恵那峡SAと草津PAで小休止 »

怪獣といびき...

  3月 8日(日)

 今春の青春18きっぷ旅行第1弾。
 今回も前の記事のとおり夜行バスで西へ。
 日本中央バスの高崎バスセンターから京都行き直行便に乗車した。
 高崎バスセンターの後、高崎駅東口、ららん藤岡(上信越道藤岡IC)、富岡営業所と停車し、
それぞれお客さんを拾っていく。この日はこの系統のみ飛び込みもあり満席だったようだ。

 そして、富岡での客扱いを終え、上信越道へ。まずは長野県内を目指す。
 1時間ほど走り、最初の休憩地である長野道・姨捨PAへ。
 この便を含め、シルクライナーは乗務員交代のため、途中3箇所程で休憩が入る。
 いずれの休憩箇所でも、15~20分程度停車する。

C0903a001
(姨捨PAで小休止するシルクライナー)

 小休止したまでは良かったのだが...
 発車時間を過ぎてもなにやら発車しない。
 すると、運転席の方で運転士の声が。比較的大きく客室内にも響き渡っていた。
 どうやら他の便が到着したようで、その便の運転士と雑談しているようだった。
 で、その内容の一部が...

 「また、この便の担当だ。今月はもう?回目だ。」
 「こっちは満席だ。そっちは10人ぐらいか?」
 「また、怪獣と歯ぎしりだ。寝られやしない。」

 おいおい...
 どんな便を担当しようが仕事なんだから、しっかり運転してほしいと思った。
 それにしても「怪獣と歯ぎしり」とは。会話の前後の流れから行くと、怪獣とは
おそらく「いびき」の隠語なんだろう。乗務員の詰所で話すのならまだしも、
後ろの乗客に聞こえる大きい声で喋るとは...
 乗客として、あまりハンドルを任せたくないなぁと感じた一瞬だった。

 そしてバスは、次の休憩地を目指し、進路は南へ。
 
 
★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 よんなん総研さん
 

« 時刻が変わったシルクライナー | トップページ | 恵那峡SAと草津PAで小休止 »

旅行・地域」カテゴリの記事

バス:夜行バス」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣といびき...:

« 時刻が変わったシルクライナー | トップページ | 恵那峡SAと草津PAで小休止 »