2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 恵那峡SAと草津PAで小休止 | トップページ | 播但線で南を目指す »

223系5500番台を乗り継ぎ、和田山へ

  3月 8日(日)

 夜行バスで到着したのは京都駅の新幹線側の出口である八条口の新都ホテル前。

C0903a004
(京都駅八条口。新幹線側・南側の出口)

 2007年春以降、西に向かう旅行には、たいていはこの便を利用している。
 今回は1月の時刻改定で到着が20分繰り下がっていたが、それでも40分早着した。
 京都に到着後、乗車予定の列車まで時間があったため、バス停のある八条口側から
自由通路を通り中央口側へ。青春18きっぷを利用して京都から旅に出る時は、いつも
ここから入場している。

C0903a005
(京都駅中央口。湖西線や東海道線の上り線側の出口)

 早速入場し、嵯峨野線乗り場へ。
 ホームに向かうと、113系を使用した園部行きが停車していたので撮影する。

C0903a006
(113系の園部行。京都駅にて)

 そして目的の福知山行。
 園部行が発車した後、折り返し運転として到着する。
 編成は福知山方から223系5500番台2両編成と221系4両編成の混結編成。
 ここに来るまで、223系5000番台という車両について、あまり理解していなかったが、
Wikipediaなどによれば、福知山口の113系の置換用として、221系とも併結して
運用できるように、性能が互換して作られている車両とのこと。そして車内には、
ワンマン運転が可能なよう、運賃表や運賃箱なども取り付けられていた。
 今更、鋼製車を新製するより、塗装などの外装が不要な223系を新製した方が
保守なども含めて都合がいいのだろう
 そして識別のために、正面の貫通扉にはオレンジ色の帯が貼られていた。

C0903a008
(福知山方の2両は223系5500番台。京都駅にて)

 この2両が福知山まで運転し、後ろの221系4両は途中の園部で切り離しとなる。

C0903a007
(京都方の4両は221系。京都駅に到着したところを撮影。)

 京都駅を発車すると、しばらくは複線化工事が行われている区間、複線化された
区間が混在したところを走っていく。全てが複線化すればもう少し便利になるのかも
しれないが、現在の列車体系ではあまり変化はないようにも思えた。

 なお、日曜日ということで通勤客らしい人はあまりいなかった。むしろ、観光やら
遠出とおぼしき乗客が多かった。途中の保津峡駅では山歩きをするシルバー層が
沢山下車していった。

 また、話は前後するが、嵯峨嵐山駅から分岐している嵯峨野観光鉄道のトロッコ
列車が3月1日から運転を開始したとのことで、構内にはそのディーゼル機関車も
停車していた。一度は乗りに訪れてみたいとは思っているのだが...

 列車はしばらく走り、八木駅で上り特急はしだての通過待ち。

C0903a009
(八木駅を通過する上り特急はしだて)

 この辺りも複線化工事が進んでいるようで、あと数年もすれば園部以南では、
こういった交換列車の待ち合わせなんて風景も見られなくなるのだろう。
 園部駅で後ろ4両を切り離し、身軽になり福知山を目指す。

 下山駅でも上り特急の通過待ち。
 この時間を利用して、上りホームに向かい編成写真などを撮影した。

C0903a010
(下山駅で通過列車の待ち合わせをする223系5500番台・福知山行)

 数分後。上り特急まいづるが通過していく。

C0903a011
(下山駅を通過する上り特急まいづる)

 このあとは待ち合わせなどもなく綾部からは複線区間になり、福知山に定刻通り
到着した。定刻通りに到着して当たり前のことなのだが、実は定刻通りでないと、
福知山から先の乗り継ぎにも影響してくる。福知山始発の城崎温泉行は乗り換え
時間がわずか1分しかない。そう考えると、どうしても気になってしまう。

 実際には、同じホームだったので乗り換えもスムーズだったが、既に車内は
席が埋まっており、京都からの列車で乗り継いだ人は少し困った様子だった。
 それでも、何とか相席で対応し、立ち客はほとんどいなかった。

 乗り継いだ列車で和田山へ向かった。
 

« 恵那峡SAと草津PAで小休止 | トップページ | 播但線で南を目指す »

国盗り合戦」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

鉄:関西」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44288810

この記事へのトラックバック一覧です: 223系5500番台を乗り継ぎ、和田山へ:

« 恵那峡SAと草津PAで小休止 | トップページ | 播但線で南を目指す »