2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 江ノ電で藤沢へ | トップページ | 3日の撮影 米坂線へ(1) 羽前小松にて »

小田急に乗り継ぎ都内へ

 1月26日(月)

 ペデストリアンデッキを渡り、小田急線のりばへ。一路都内を目指す。
 乗車したのは、快速急行新宿行。5200系と8000系の混結編成だった。

C0901s518
(藤沢方に連結されていた5200系。藤沢駅にて)

 子供の頃、小田急線の沿線にある親の実家に向かうため、何度も
小田急線を利用したが、その頃乗車したのが5200系や9000系の
急行だった。ちょうどその頃、8000系がデビューしていたが、5200系や
斬新な前面の9000系の方が記憶に残っている。おそらく、8000系に
なかなか遭遇しなかったからなのかもしれない...

 藤沢から乗車し府中本町を目指すため、登戸で下車する予定だったが、
国盗り合戦の方は、登戸~成城学園前間で狛江付近の「吉祥寺・三鷹」
成城学園前付近の「世田谷・成城」と取れるため、新百合ヶ丘で多摩急行
に乗り継ぐ。千代田線直通と言うことでやって来たのは東京メトロ6000系
だった。

 成城学園で下車し、登戸に折り返すため、急いで改札口へ。
 再入場しホームに降りると、急行が滑り込んできたので飛び乗り登戸へ。

 登戸から南武線に乗り継ぐ。

C0901s519
(JR登戸駅入口)

 その南武線も一旦津田山へ。
 ここまで来ることにより「溝の口」を取ることができた。

C0901s520
(乗車してきた南武線川崎行。津田山駅にて)

 今度はここから北上する。
 途中の稲城長沼などは高架化工事の真っ最中で、駅構内も高架化
工事に対応すべく上下線が分離され、仮設のホームが組まれたりして
いた。そして、その跡には高架線用の柱が建設されていた。

C0901s521
(高架化工事中の稲城長沼駅。車内から)

 この日の最終目的地である府中本町へ。
 天狗様の修行も3ヶ所目。
 さらに立川に立ち寄り、西国分寺から武蔵野線に乗車し、武蔵浦和へ。
 埼京線から乗り継いでから、8時間弱。
 既に日も暮れて、長い1周旅行?もここで終了。

 空いた小腹を落ち着かせるため立ち食いそばを啜り、埼京線ホームへ。
 欲をかいて、川越も行ってこようと考えホームに立つと、高田馬場駅で
人身事故が発生し、埼京線も遅れているとのこと。
 
 結局10分程遅れた川越行で南古谷へ。
 ここで「川越」を取り、国盗りの方は終了。帰途についた。
 ちなみにこの日は、1日で40ヶ所ほどを取ることができたが、もう少し早く
動いていれば、もっと数を稼げたかもしれないが、流石に1日乗りっぱなしは
疲れてしまうので、これぐらいが限界かなと...
 

« 江ノ電で藤沢へ | トップページ | 3日の撮影 米坂線へ(1) 羽前小松にて »

国盗り合戦」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:小田急」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/44022696

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急に乗り継ぎ都内へ:

« 江ノ電で藤沢へ | トップページ | 3日の撮影 米坂線へ(1) 羽前小松にて »