2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 今年も。もう一度「シーハイル上越」 | トップページ | 寝付けなかったゴロンとシート »

ゴロンとシートで北を目指す

 1月18日(日)

 さよなら横川号が走った日の夜。
 所用をこなしてから、昨年2月に赤湯に出掛けたK先輩のグループで旅行に出た。
 今回は北東北を目指すことに。

 当日。
 いつもなら、高崎駅の西口から大阪行きのバスで西を目指しているところだが、
今回乗車したのは、寝台特急あけぼの号のゴロンとシート。

C0901s403
(ゴロンとシートのロゴ)

 このゴロンとシートとは、B寝台の設備を使用しながら、布団やシーツ、枕などが
備え付けられていない分、指定席特急料金で安く利用できる。そのせいか意外と
人気があるらしい。

 そして以前、一度だけこのルートの寝台に乗車したことがあった。
 1997年2月のこと。当時、田沢湖線が秋田新幹線に生まれ変わろうとしていて、
その補完輸送として北上線を運転していた、キハ110系の秋田リレー号を見に行く
ために、寝台特急鳥海号に乗車したことがあった。
 
 
 話は戻り、高崎駅。
 23時を回ると、青森行、金沢行、新潟行と言った昼間は見られない行き先が、
LEDの案内板に並ぶ。

C0901s401
(高崎駅2番ホームの発車案内板)

 もっとも、そのうちの1本は季節臨に。もう1本はけん引機が変更となるなど、
間もなくやってくるダイヤ改正で、これらの列車も変化していくことになる。

 そして、あけぼの号が入線。
 早速先日の記事で、あけぼの号の上野~長岡間のけん引機がEF64(1000番台)に
置き換わると書いたので撮影しようとしてみたが...

C0901s402
(高崎駅に停車中の寝台特急あけぼの号)

 手持ち撮影かつ暗かったので、全くものにならなかった。
 三脚を用意しておけばと思った。

 高崎駅を発車後、早速メンバーでささやかな祝杯をあげる。
 そんなことをしているうちに列車は水上へ。

C0901s404
(水上駅上りホーム)

 流石にここまで来ると、雪が積もっている。

 祝杯も新清水トンネルを越え、土樽駅を通過する頃にお開き。
 秋田で下車した後の行程を考え、休むことにした。
 

« 今年も。もう一度「シーハイル上越」 | トップページ | 寝付けなかったゴロンとシート »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR東」カテゴリの記事

鉄:東北」カテゴリの記事

鉄:関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/43835720

この記事へのトラックバック一覧です: ゴロンとシートで北を目指す:

« 今年も。もう一度「シーハイル上越」 | トップページ | 寝付けなかったゴロンとシート »