2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008年2月17日 - 2008年2月23日

北堀之内へ

 2月16日(土)

 DD15の上越線内の回送を撮影するため北堀之内駅へ。
 本当ならば、駅間で撮影したかったが、雪に阻まれ断念。
 やむなく対向式ホームの北堀之内駅へ。
 まず、いつも通り駅舎の撮影から。

C0802a208
(北堀之内駅舎)


 ホームに向かうと、上下線のホームとも除雪作業をしているところだった。
 少し待ち、先行する下り列車(1729M)を撮影する。
 2両編成×2本の全車が電動車という4両編成だった。

C0802a209
(1729M。115系4両編成)


 そして1729Mの後、DD15の回送がやってくる。

C0802a210
(DD15)

 只見線内とは異なり除雪をしていないため、迫ってくる速度が若干速く感じられた。
 撮影後、今度は南下し越後湯沢方面に向かう。
 

DD15を撮影(2)

 2月16日(土)

 大白川駅付近の橋りょうでの撮影を終え、柿ノ木駅を出た辺りで再度撮影する。
 足場が悪かったが何とか撮影する。

C0802a206
(柿ノ木駅付近を走るDD15)

 さらに小出方面に向かう。
 入広瀬の立体交差付近でも、普通に走っていて追いつきかけている状態。
 カメラを構えて撮影している人がいたため聞いてみると、ちょうど通過したところとのことだった。
 通常ならば追いかけることは困難なはずだが、DD15の方は除雪している分、速度が低いようだ。
 よって、道路がスムーズに流れていれば、普通に走っていても先回りできてしまう。
 そのため、越後広瀬~藪神間でも撮影することに。
 ただし、線路に近づける場所がなかったため、下から見上げるような場所で撮影した。

C0802a207
(DD15。越後広瀬~藪神間にて)

 本来ならば、上越線内の回送を撮影して終わるはずだったが、運良く2回多く撮影することが出来た。
 

DD15を撮影(1)

 2月16日(土)

 後輩O君とDD15を撮影するため、大白川に向かう。
 ただ、時間があったため、途中の道の駅で小休止することに。
 道の駅の前に駐車してあった車は昨日から停車していたのだろうか?雪が積もっていた。

C0802a203
(道の駅と雪が積もった車)

 この時間を利用して、朝食を食べる。
 そして大白川へ。一旦、大白川駅に立ち寄る。

C0802a204
(大白川駅舎)

 この駅舎、駅名の看板(上写真左)より、トイレの案内(上写真右)の方が大きかったりする。
 同行したO君と二人で、どこに駅名が書かれているのか、思わす探してしまった。
 駅周辺を観察した後、大白川駅の会津若松寄りにある鉄橋と併走している橋へ。
 ここでDD15を撮影することに。列車が来る頃になり、雪が強まっていく。

 やがて、DD15がトンネルからゆっくり顔を出す。
 ただ、雪が強まったため、オートフォーカスが雪に反応してしまう。
 それでもなんとか撮影した。

C0802a205
(大白川駅付近の橋りょうを渡るDD15)

 撮影後、上越線内の回送を撮影するため、小出方面に戻ることに。
 

新潟県内に撮影に行く

 2月16日(土)

 先週土曜日、職場の後輩O君に誘われて、DD15を撮影すべく只見線に出掛けた。
 今回は列車ではなく、駅間で撮影するため、O君の車で現地に向かった。

 小出まで関越自動車道を利用したが、下牧PAからチェーン規制。
 スタッドレスタイヤを履いていない車は当然ながら、ここでチェーンを付けることになる。
 今回、O君の車はスタッドレスタイヤを履いていたためすんなりパス。

 水上ICを越えた辺りから路面にも雪が。
 そして関越トンネルを越え、新潟県内へ。土樽PAから再びチェーン規制。
 しかも、除雪した雪に降った雪が積もっているため、通常ならば2車線+路肩のはずが、
ギリギリ2車線といった感じだった。そのため、追い越す車は皆無に近かった。


 雪に阻まれ時間が掛かるかとも思ったが、2時間弱で小出ICに到着。
 ここから県道や国道を利用して、大白川まで向かうことに。

 予定より早く小出に到着したため、お目当てのDD15を撮影する前に普通列車を撮影した。
 魚沼田中~越後須原間の国道脇の休憩スペースで撮影することに。
 到着すると、国道や歩道の除雪を行っているところだったため、早速記録する。

C0802a201
(国道を除雪する除雪車)


 そして、大白川始発の421Dを撮影する。

C0802a202
(421D、小出行)

 この日は土曜日だったため、車内は閑散としていた。
 撮影後、再び大白川に向け出発した。
 

KATO:103系(スカイブルー)

 デットストックになっていた103系の整備を進めることに。
 とはいえ、たいていの車両は方向幕の色差しとカプラーの交換を終えている。
 今回は、そういったこともされずに放置?されていた車両を整理するために整備した。

 対象になったのは、スカイブルーの103系。
 既にモハのユニット2組はある程度整備されていたため、手持ちのクハを整備する。
 まず、カプラーをKATOカプラーに交換。そして、色差しのため車両を分解する。

C0802a113
(分解したクハ103)

続きを読む "KATO:103系(スカイブルー)" »

6両用ケース

 久しぶりに鉄道模型のことを。

 先日、近くのダイソーで購入したA5のケースを見ていて、上手く活用できないかなと考えていた。

C0802a111
(購入したケース)

続きを読む "6両用ケース" »

米沢から山形新幹線へ

 2月 8日(金)

 職場の旅行の話。

 なんとか遅ればせながらも、米沢に到着。
 反対側のホームには、新潟色のキハ40が停車していたので記録する。

C0802a045
(キハ40新潟色。米沢駅にて)

 1時間遅れで到着したが、この後乗車する「つばさ」にはなんとか間に合う。
 そして、車両に詳しい後輩O君とはここでお別れ。
 北海道好きの彼は、旅行に出てきたついでで、福島から新幹線を乗り継ぎ、
札幌まで向かい、「まりも」に乗車し釧路まで行くとのことだった。タフだなぁ...

C0802a046
(O君が乗車した福島行。米沢駅にて)

 O君を見送った後、土産物を見たり、駅弁を購入したりする。
 なんといっても米沢駅は、あまり大きくない駅にもかかわらず、駅弁屋が2軒ある駅。
 どちらの弁当屋で買おうか迷ったが、結局駅弁大会で人気がある新きねやの「牛肉どまん中」に。


C0802a047
(乗車した「つばさ」。米沢駅にて)

 乗車し、早速駅弁を食べる。
 さすが、駅弁大会で常に上位に位置する駅弁だけ旨かった。
 もっとも、この値段で旨くなかったら、とても悲しい気がするだろう...

C0802a048
(米沢駅弁「牛肉どまん中」)

 食べ終えるのに時間が掛からなかった。
 食べ終えた頃、昔の4連続スイッチバック駅辺りを通過する。
 前回訪れたのは、仙山線に訪れた帰りに乗車した「つばさ」。
 そして在来線として乗車したのは、平成2年(だったはず...)。
 もう18年ぐらい前だ。時間が経つのが早いなぁと感じる。

 そんなことに思いを巡らせているうちに、車窓左手には福島の街が見えてくる。
 それにしても、峠は雪が積もっていたのに、眼下に広がる福島の街には雪がない...

 そして高架を上り始め、福島駅へ。
 併結を行うため速度を落として進入していくと、下り線を後輩O君が乗車した「やまびこ」が駆け抜けていく。
 3度ほど停車して併結。少しだけぶつかって戻る感触で連結したんだなとわかる。

C0802a049
(Maxやまびこと連結した「つばさ」。福島駅にて)

 連結を終えると、今度は下り線を「はやて」が通過していく。
 それにしても、福島駅のダイヤはかなり上手く出来ている。
 仙台から来た「Maxやまびこ」が平面交差で下り側線に入線し、つばさを連結する間に下り「やまびこ」が
発車していき、さらに後続の「はやて」が通過していった後、再び平面交差して上り線に進出する。
 わずか数分のことなのだが...

 この後、定時で福島を発車し大宮に向かい、今回の旅を終えた。
 

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »