2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »

2008年11月23日 - 2008年11月29日

KATO:165系モントレー(1)~今更ながら...

  
 ということで、今更ながらKATOの165系モントレーをいじることに。
 確か発売されたのは、10年ほど前だったかと思うが、買ったきりだった。

 この165系モントレー色、発売当時実車は新前橋電車区(現在の高崎
車両センター)に配属され、高崎を中心とした臨時列車に充当されていた。
冬はシーハイル、春はあかぎ鎌倉、夏はくじらなみと、高崎を中心に
縦横無尽の活躍をしていた。

C0822n001
(高崎駅で発車を待つホリデー快速あかぎ鎌倉号。1999年撮影)


 そして、模型の方は、KATOから出た時は人気があったようだが、
TOMIXから同じものが出てからは、値崩れしているようだ。

C0822n002
(KATO製165系モントレー色)

 ということで、今回はいつもの信号炎管取り付けだけでなく、TOMIX製品
と並べても遜色がないよう実力が全く伴わないが、屋根上のベンチレーターの
別体化を目指すことに。

 ただ、このモントレー色が出た頃かと思うが、165系の屋根が大々的?に
売られていて、その頃購入したものがストックしてある。しかも、そのうちの
一部は既に別体化加工を施していた。
 無論ベンチレーターは、TOMIX製品に置き換えて。

C0822n003
(別体化中の屋根)

 ただ、編成分の屋根があるわけではないので、少しずつ加工しなくてはと。


(次回に続く)

24日の撮影記録~211系シングルアームパンタ車

 11月24日(月)

 新宿あがつま草津号の撮影のため、新前橋駅を訪れた。
 ただ、目的はもう一つあった。新前橋駅に隣接する高崎車両センター所属の
211系の一部編成で、パンタグラフの載せ替えがあったと聞いていた。是非、
一目見てみたかった。

 当日。
 新前橋に到着すると、211系の上野行が発車待ちしているところだった。

C0811a112
(新前橋駅に停車中の上野行)

 こちらは、グリーン車組込の10両編成。
 グリーン車は、2階建てと平屋のものが1両ずつ組み込まれていた。

 そして、新宿あがつま草津号が到着するまでの時間を利用して、駅西口を
結ぶ跨線橋上に移動すると、211系が車両センター内で入換作業を開始した
ところだった。
 ふと観察していると、10両編成の中間に組み込まれたクモハがお目当ての
パンタグラフ載せ替え車だった。見慣れぬシングルアームパンタ。しかも、
霜取り用とおぼしきパンタグラフも搭載されていた。

C0811a113
(跨線橋上から撮影)

C0811a114
(下り方パンタグラフ。霜取り用か?)

C0811a115
(上り方パンタグラフ。普段使用する側のようだ)

 ここまで撮影したところで、新宿あがつま草津号を撮影するため、駅に戻った。
 そして、新宿あがつま草津号の撮影をしていると、車両センター側では211系が
入換を開始する。よく見ればシングルパンタ搭載車だった。引き上げた後どの線
に入線するのか見ていると、ホームから撮影しやすい、駅に近い側線へ。
 これはいいチャンスと撮影することに。

C0811a116
(シングルアームパンタ搭載車編成)

C0811a117
(シングルアームパンタ搭載車のみ)

 両方のパンタグラフが上がった状態を見てみたいが、霜取り用とすれば、
なかなかお目に掛かる機会は無さそうだ。
 
 
★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 Fujickeyさん
 

24日の撮影記録~新宿あがつま草津号

 11月24日(月)

 先日に続き、臨時特急新宿あがつま草津号を撮影した。
 今回は185系7両編成。
 既に送り込み回送でヘッドマークが通常の「草津」であることはある程度
想定できていたが、念のために撮影することにした。

 前回同様、撮影は新前橋駅で。
 別の目的を兼ねて出掛けてみた。
 しかし、やって来た185系のヘッドマークは想定通り「草津」号だった。

C0811a111
(新前橋駅に停車中の新宿あがつま草津号)


 登場してしばらくは、オリジナルのヘッドマークだったが、今回は残念ながら、
通常の「草津」号のヘッドマークだった。もっとも、以前運転していた草津白根号の
ように、土休日運転の定期列車への格上げとともに列車名が消滅してしまうのも
困りものだが...
 とりあえず、次回の登場を楽しみにしたい。
 

24日の撮影記録~水上98号を撮影

 11月24日(月)

 3連休の最終日。
 先日購入した50Dの試運転ということで、水上98号を撮影することに。
 撮影したのはいつもの場所。

 まず115系から。

C0811a101
(115系 小山行)


 185系。新宿あがつま草津号の送り込み回送。
 先日同様、折返しのヘッドマークは草津のようだ。

C0811a102
(185系 新宿あがつま草津の送り込み回送)

 もし、表示されるとしたら、ヘッドマークはステッカータイプのため、送り込み回送から
貼られているはずだからだ。残念...orz


 上野から来た211系。
 元々、この辺りを走っていた211系1000番台や3000番台に、東海道線で使用
していたグリーン車が組み込まれた編成。

C0811a103
(211系 前橋行)


 撮影する場所を下りホーム側に移動。
 再び211系。ただし今度は、5両が2本連結されている回送列車。

C0811a104
(211系 下り回送列車)

 この211系5両編成は、高崎線の籠原以南では増結用として運用されているが、
籠原~倉賀野間は、グリーン車連結編成のみで運用しているため、所属区所で
ある高崎車両センター(新前橋)に戻るために回送として運転している。
 以前は、5両編成ばかりで運用していたから、このような回送列車は無かった。


 そして、お目当ての水上98号。
 この日は大宮車OM102編成が充当されていた。

C0811a105
(井野駅を通過する水上98号)

 この編成といえば、ゴールデンウィーク(5月4日)は、足利藤まつり1号
充当され、ヘッドマークが草津号だった編成。そして今回は...

C0811a106
(水上98号 後部ヘッドマークは...)

 上の写真の通り、中途半端な白根号。やっぱり...
 あまり具合がよくないのだろうか?狙うのが上り列車でよかった。


 ここまで撮影したところで、午前中の撮影は終了。
 帰る前に井野駅の駅舎を撮影した。

C0811a107
(井野駅西口駅舎)
 

デジカメ...EOS50Dを購入

 
 8月に購入した40D。
 ハズレを引いてしまったようで、ロクに写真が撮れなかった。
 しかも修理に出したりして、撮りたいときに使えない状態が続いていた。

 ただ、冬になれば、EF55けん引の臨時列車が運転されるようなので、
ついにしびれを切らし、50Dを購入することにした。

 今回は、50Dと同時に発売となったEFS18-200 ISのレンズキットを購入した。

C0811c001
(今回購入した50D)

 開梱。
 この流れは、ここ3ヶ月で5回目...
 早速、液晶保護フィルムを貼ってやることに。
 この作業もカメラ相手だけで5回目。なんとなく貼り慣れている作業だが、
液晶とフィルムの間に気泡を入れないよう気をつけながら貼り付ける。

 保護フィルムを貼り付けた後、レンズを組み合わせてみる。
 18-200というズームレンズの割りに、あまり大きくないように感じた。
 もっとも、レンズ径は72㎜なので、そんなに小さくはないはずなのだが...

C0811c002
(早速レンズを組んでみる)


 それにしても、4代目の40D。どうしたもんだか?
 修理したものの...
 

TOMIX:ワム80000(1)

 以前より、少しずつ貨車を増やしていっていたが、何故かワム8は1両も所有
していなかった。ただ、地元を走るデータイムの貨物列車には全く連結されて
いないため、印象が薄くなっているのかもしれない。(夜中に走っているようだが...)

 ということで、市場に出回っているうちにと購入した。

C0821n811
(購入した青ワム)

 TOMIXの2軸貨車といえば、紙箱に入っているものだと思っていたのだが、
今回購入したワム8は、他の車両と同様にプラ製のケースに入っていた。
 1~2両の購入ならいいのだろうけど、多く買ってケースを移すとなると...

C0821n812
(ケースから出すと...)

 さらにケースから出すと、ビニールで包まれていた。
 なんとなくではあるが、こんなに過剰に保護しなくてもいいのでは?と。

 そして、このままのアーノルドカプラーでは、けん引できる機関車が少ない
ので、カプラー交換を使用とカプラーポケットの蓋を開けて目が点になった。

C0821n813
(カプラーポケットの蓋を開けたところ)

 自分の無知さ加減に笑ってしまったが、最近の製品はカプラーの構造が
以前のものとは全く違う。仕方がないので、カプラーを入手するまで作業は
お預けに。もっともKATO製の機関車も多いので、SHINKYOカプラーなども
どこかに組み込まなくてはと...
 

おぎのやで峠の釜飯を

 11月 6日(木)

 めがね橋の観察を終え、碓氷峠を下りきり碓氷峠鉄道文化むらが見えてくれば、
横川駅も近い。碓氷バイパス側の新道と合流し、横川駅の下にあるおぎのやの
ドライブインに立ち寄る。

 既にお昼を過ぎていたが、途中で何も食べていなかったので、ここで昼食。
 定番中の定番であるが、峠の釜飯を購入し早速食べることに。

C0811a008
(峠の釜飯)

 作ってから時間が経っていないせいか、釜も中身もほんのりと暖かかった。
 それにしてもこの峠の釜飯。碓氷峠を列車が上り下りしていた頃から、
未だ中身が変わらず、定番中の定番であるが、その分安心して食べられる。

 ちなみにこの日は、秋季限定の碓氷峠の松茸弁当も売られていたが、
流石に1900円という値段に手が出なかった。誰が買うんだろう...

C0811a009
(売られていた松茸弁当)
 

« 2008年11月16日 - 2008年11月22日 | トップページ | 2008年11月30日 - 2008年12月6日 »