2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008年11月2日 - 2008年11月8日

姫路から東へ

 10月18日(土)

 少し遠回りして姫路に到着。

 乗り換えようとウロウロしていると、キハ181使用の特急はまかぜ3号がいることを知り、
姫新線同様にまだ地上のままの播但線ホームへ。

0810w126
(はまかぜ3号)

 この地平ホームを使うのもあとわずか、高架線が完成すれば過去のものになる。
 次に訪れる時は、岡山のように駅の北側にぽっかりと空き地が出来ているのだろう。
 
 そして、ここから新快速で一気に東を目指す。
 新快速が発着するのは高架ホーム。春に訪れた時は、播但線のホームはまだ姿を
現していなかったが、今回は開業間近のせいか、姿を現していた。

0810w127
(山陽本線のホームから建設中の播但線ホームを見る)

 播但線の出発信号機はまだ使用してしないためか、白い×印が付けられていた。

0810w128
(播但線側の出発信号機)

 なお、この日はホームの照明を取り付け作業をしていた。

 姫路から乗車したのは、新快速・米原回りの近江塩津行。随分足の長い列車だ。
 そして遅い昼飯は、駅弁として売られていた穴子弁当。
 腹が減っていたので、新快速に乗車してすぐ平らげた。

0810w130
(姫路駅の穴子弁当)

 なお、当初の予定では尼崎まで新快速で向かい、東西線~片町線経由で木津に
出て、同じく未乗である奈良線に乗車する計画を立てていた。しかしながら、16日に
京都から最初に乗車した快速電車の車中から撮影したとおり、この日は東海道線の
桂川駅が開業日。せっかくなので、木津回りは次回以降に回すこととし、今回は
高槻まで新快速で向かうことにした。
 
 前回は、春休みの3連休の合間でギュウギュウに混んでいたが、今回は高槻まで
座席がほぼ埋まる程度で比較的空いていた。
 高槻で内側線に乗り換え、桂川を目指す。
 

佐用から姫路へ

 10月18日(土)

 佐用から乗車したのは、キハ47系2両編成のワンマン・播磨新宮行。

0810w121
(佐用駅に停車中の播磨新宮行)

 播磨新宮行を利用して、姫路まで乗り継ぐことに。
 投手リレーで例えるなら、差し詰め中継ぎと言ったところか?折角なら先発完投型の
列車の方が、のんびりとした旅行が出来るのだが、最近は国鉄時代以上に、支社など
の縄張りや乗車量の段落ちに伴う運行形態の区分けなど、細切れな列車設定も少なく
無いように思える。

 佐用を発車し、並走している智頭急行とは一度も線路が交わらないまま別れていく。
 後付けの第3セクター路線ゆえ、渡り線などもないのだろうけど...

 途中の駅では、高速化に伴う新型車両導入の影響なのか、ホームのかさ上げ工事が
行われていた。佐用までの列車と比較すれば、キハ47で4~5割程の座席が埋まって
いた。佐用を境に東西で利用断面も異なるのだろう。

0810w122
(車内掲示も...)

 ということで、ホームのかさ上げも支社境界となる上月までのみの実施のようだ。
 新型車両が上月以西に乗り入れる予定はないのだろうけど、こういったところは
徹底しているなと感じる。

 そして終点の播磨新宮。ここで姫路行に乗り換える。
 ただ、播磨新宮止まりも姫路行も同じキハ47系2両のワンマン列車。運用の都合かも
しれないが、こんなことなら直通運転にしてくれた方がいいのではと感じた。

0810w123
(播磨新宮止まりと姫路行)

 せめてのもの救いは、同じホームでの乗換だったことぐらいか。

 さらに東を目指し姫路へ。
 前日の福山行きと同じように、姫路に近づくにつれ乗客が増えていく。
 それに比例してか、交換設備を持った駅が多くなってくる。
 それだけ列車本数も多いということなのだろう。

 終点の姫路。
 隣の山陽本線の線路は既に高架化されていたが、こちらは播但線とともに地平
ホームから発着となり、駅舎に近いところに到着する。

0810w124
(姫路駅は地平ホームに到着)

 まだ東を目指す。
 

津山から佐用へ~快速佐用行に乗車

 10月18日(土)

 津山から姫新線を東に進み姫路を目指す。
 しかし、乗り継ぐ列車まで1時間ほどあったため、駅前を観察する。

0810w116
(津山駅駅舎)

 津山といえば扇形機関庫で有名で、駅内にはポスターも貼られていたのだが、
駅からぐるっと回らないと到達できないことが判った。しかも乗り継ぐ列車を1本
逃してしまうと、次の列車まで2時間弱待たねばならず、その後の行程に影響が
出てしまうので、今回は訪れることは諦めた。

 仕方がないので駅内に戻ると、岡山行、新見行が続けて発車するところだった。

0810w117
(津山駅を発車するキハ40・岡山行)

 それから15分ほどしてようやく、次に乗車する快速・佐用行が出区を始める。
 津山駅の留置線は、直接ホームに据付が出来ない構内配線になっているため、
一旦鳥取方に引き上げてからホームに据え付けられる。

0810w118
(出区途中の佐用行)

 なお、乗車した佐用行は快速。
 ただ、快速と名乗りながら通過するのは、途中の西勝間田駅だけだ。
 一駅だけ通過するにもかかわらず、律儀に「快速」を名乗っている。昨今の列車
種別から考えると、一駅ぐらいなら「快速」を名乗る必要はないようにも思えた。

0810w119
(快速・佐用行)

 とりあえず、前面に「快速」の札が取り付けられてはいるが、かなり遠慮した札の
ように思えた。やはり一駅だけの快速なので遠慮しているのかもしれない...

 津山を発車する5分前、隣の番線に岡山からの列車が到着する。15人ぐらい
乗り継いできて、座席もある程度埋まる。ただ、津山を発車すれば、途中駅から
まとまった乗車はなく、キハ120が1両でまかないきれる乗車量だった。

 津山を出て、東津山で因美線と別れていく。
 なお、いままでの線区とは異なりあまり山深いところを走るわけではなかった。
 しかしながら、これと言って大きい集落もないまま走り続ける。
 そして「快速」を名乗るこの列車が唯一通過する西勝間田をさっと通過していく。
 この駅の利用客が少ないのだろうけど、わざわざ通過することも無いようにも
思えた。というのも、この路線自体が速度を求められていないのだから、一駅
停車しても、せいぜい2分ぐらいしか変わらないであろうに...

 上月を出てしばらくすると進行右側から高架線が近づいてくる。上郡~智頭間
を結ぶ、智頭急行の高架だ。高架が徐々に下りてきて、2本の線路が並んだ
ところで終点の佐用駅に到着した。
 もう少し、内陸部の列車を乗り続けることに。
 

岡山から津山へ~金川で交換待ち

 10月18日(土)

 岡山から東を目指すことに。
 ただ、今週の旅行で往路は山陽本線、復路は赤穂線と双方ともに乗車していた。
 なお、岡山から出ている津山線にはまだ乗車していなかった。いい機会なので、
津山線経由で東を目指すことに。

 乗車したのは朝の通勤時間帯の折返し列車で、キハ48などの4両編成。
 いずれもJR西日本の標準カラーだった。

0810w111
(岡山駅に停車中の津山行)

 この日は土曜日だったため、学生客はあまり多くなかったが、それでも隣駅の
法界院までは、それなりに学生の乗車があった。

 なお、津山線と言えば、玉柏~牧山間で発生した落石にキハ120が乗り上げて
脱線した事故が記憶に新しい。特に意識してみていたわけではないが、牧山駅に
到着前、並走する道路に落石よけのフェンスが取り付けられていたので、おそらく
その辺りで事故があったのかなとわかった。

 金川駅。岡山行の快速ことぶき号の待ち合わせを行うため、7分停車する。
 この時間利用して、駅舎の撮影など。

 まず、乗車中の列車を。 
 編成で撮影したかったので、反対ホームに移動する。

0810w112
(金川駅に停車中の津山行)

 流石に7分は長かった。
 自分が乗車している列車だけでなく、金川駅の駅舎も撮影する。

0810w113
(金川駅駅舎)

 最近建て替えられたような小さい駅舎だったが、改札口には駅員がいて、途中
下車印を押してもらう。改札の駅員は随分と手際がよかった。

 最後に、岡山行の快速ことぶき。

0810w114
(金川駅に進入する快速ことぶき)
 
 これもJR西日本カラーのキハ40と47だった。

 このあと、再び東を目指し津山へ。
 この日の行程も、まだ始まったばかりだ。
 

岡山駅にて

 10月18日(土)

 旅行3日目。
 この日は、岡山からひたすら東を目指すことになる。
 
0810w104
(岡山駅改札口)

 しかしながら、最初に乗車するのは8時の列車。
 発車まで1時間近くあったので、駅内で列車を撮影することに。

 まず、四国直通特急のしおかぜ1号
 最後部車両は貫通型の先頭車だった。

0810w105
(岡山駅に停車中のしおかぜ1号)


 続いて児島行。115系3両編成。

0810w106
(115系湘南色の児島行)

 短編成のせいか神戸方のホーム(5番線)から発車する。
 宇野方のホーム(7番線)はわかりやすいが、ここは駅舎からも離れていて、
少し判りづらいようだった。

 西日本カラーの115系。
 見慣れている湘南色に比べ、少しスマートに見える。

0810w107
(西日本カラーの115系)

 この辺りでは、色は異なるものの、まだまだ115系が幅をきかせているようだ。
 手入れさえしてやれば、まだ使えると言うことなのだろう。ただ、登場してから
既に20年近く。そのうち221系辺りに置き換えられるのだろうか?

 西日本カラーのキハ47。

0810w108
(西日本カラーのキハ47)

 キハ47は、キハ40系列で唯一、車端部にデッキを持たない両開きドアの車両。
 比較的乗降客が多い総社線など、岡山近辺で運用するには、もってこいの車両
に見えた。なお、前後の車両で、側面の客室窓付近の塗り分けが異なっていた。

 最後は、213系と103系。

0810w109
(213系と103系)

 転換クロス・2ドアの213系と、ロングシート・4ドアの103系が、同じ時間帯に
通勤列車として充当されている。客室(座席)構造、ドア数が全く異なる両者が
同一通勤圏で運転していて、乗降時間などちゃんと間に合うのだろうか?と、
不思議に思った。座席形状がここまで違っていると、着席サービスの面も気に
なる。
 もっとも、アーバンネットワーク区間から外れてしまえば、まだまだお下がりを
使わなくてはならないのだろう。前日の芸備線の徐行区間と言い、金を掛けるか
否かが、かなり明確なのかなと感じた。

 そして、この日の最初の列車へ。
 

ホテルにて~客室から0系を撮影

 10月18日(土)

 岡山の宿は、駅前の東横イン。
 6時過ぎに起きて出発の準備を始める。
 と、そこで思い出す。そういえばこの時間に、0系新幹線が充当され新大阪に
向かう上りのこだまがあったなと。実は当初の計画では、福山~岡山間でこの
こだま620号に乗車しようと計画したが、距離があまり長くないので回避した。

 ちなみに今回の客室は9階。なんとか、新幹線を撮影出来そうな高度だった。
 いきなり本番。

0810w101
(岡山駅に進入する0系新幹線・こだま620号)

 望遠レンズで対応し、なんとか撮影することは出来た。

 さらに岡山駅を発車するところ。
 在来線のホームには、東京から来たサンライズが滑り込む。
 運良く並んだところを撮影することが出来た。

0810w102
(岡山駅を発車する0系こだまとサンライズ)

 この旅2回目の0系とサンライズ。
 そして、まだ旅は続く...orz
 

府中から岡山へ

 10月17日(金)

 ようやく着いた府中。
 ここから、この日初めての電車。黄色に青帯の105系2両編成。

0810w097
(府中駅に停車中の福山行)

 夕方の通学時間帯にさしかかっていたため、福山に近づくにつれ、学生客が
増えてくる。最初は座席も半分以上空いていたのが、福山に到着した時には、
随分立ち客がいた。

0810w098
(福山駅駅舎)

 改札を出て土産物店へ。
 店頭の紅葉まんじゅうを見て、広島県内にいるんだなと実感。早速モバイル
Suicaを使って購入した。JR西日本のICOCA区間は岡山・広島エリアに拡大
したため、この福山でもSuicaが利用することができた。乗車券利用としての
Suicaも便利なのだが、それ以上にこういった旅先で利用できるというのも、
便利だなと感じた。

 そして、福山からはこの日の宿がある岡山を目指すことに。
 前回、広島に向かう時に乗車できなかった「サンライナー」に乗車する。
 なお、先行は播州赤穂行。赤穂線に直通する比較的足が長い列車にも
かかわらず、103系が充当されていた。岡山からの通勤対策だろうか?

0810w099
(先行の103系・播州赤穂行)

 1日たっぷり乗ってきて、ここで103系に揺られるのは流石にきつい。
 こちらの方が、後続「サンライナー」より岡山に先着するが1本待つことに。
 それにしても、この103系。ずいぶんとくたびれているように見えた。

 播州赤穂行が発車後。岡山からのサンライナーが到着し岡山行になる。
 これに乗車して岡山を目指す。ちなみに乗車した117系はサンライナー色。
 以前、ラウンドハウスから模型が発売されていたなぁ、なんて思い出す。

0810w100
(福山駅に停車中の岡山行「サンライナー」)

 福山から約50分。県境を越えて岡山へ。
 あまり駅に停車しない分、岡山まで速く感じられた。
 しかも既に薄暗くなっていたので、外の景色は楽しめなかった。

 ところで、次回「奥出雲おろち」号に乗車することがあったら、素直に広島に
でも向かうか、新見回りで岡山に向かうかのどちらかかなと感じた。
 福塩線経由の旅は結構疲れた。乗りっぱなしだったのが原因かと思う。

 この日の行程はここまで。
 前回同様。岡山駅がよく見える東横インに宿泊。
 

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »