2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »

2008年8月24日 - 2008年8月30日

帰りに盛岡駅で見たもの

 8月23日(土)

 夕方になり盛岡駅前に到着。
 ここから新幹線で南を目指すことに。
 この日乗車したのは、仙台まで単独運転を行うこまち24号。
 ホームでしばし列車の到着を待つことに。ここであることに気づく。
 新幹線と言えば車内信号で運転しているため、信号機は建植されていない。
 しかし、盛岡駅のホームで見たものは...

 黄色く点灯している信号機。
 よく見ると、はやてとこまちが併結を行う少し手前に設けられている。
 ということで通常ならば、併結するために信号機は赤く点灯しているが、
今回乗車する列車は、仙台で併結するため、停止位置までストレートに
運転することが可能。それゆえこの信号機は黄色く点灯していた。

C0808t501
(黄色く点灯している盛岡駅の場内信号機)

 ということで、普段はあまり見ることが出来ない、場内信号機の現示を
観察することが出来た。
 

龍泉洞へ

 8月23日(土)

 浄土ヶ浜からバスに揺られて龍泉洞を訪れた。
 JRで来れば岩泉駅が最寄りになるのだろうけど、いかんせん列車の本数が少ない。
 それ故、ここを訪れる人の多くはバスや自家用車のようだった。

C0808t211
(龍泉洞の入口)

 この日は外気温はあまり高くなかったため、洞内との温度差はあまり感じられなかった。

C0808t212
(龍泉洞内部)

 龍泉洞を見学後、バスで盛岡駅に向かった。
 

浄土ヶ浜へ

 8月23日(土)

 この日は定期観光バスを利用して移動することに。

 まず、浄土ヶ浜。
 島巡りの観光船に乗船した。
 それにしても沖合を巡ってくるだけなのに、3月に乗船した宇高国道フェリーなどと
比べてよく揺れる。立っているのがやっとなところも...

 ということで、船上から撮影したうみねこなど。

C0808t201
(うみねこ。その1)

 餌付けされているせいか、手すりに留まったり好き勝手にやられてる気が...

C0808t202
(うみねこ。その2)

 そして、餌付け用のうみねこパンを器用に食べていた。

C0808t203
(うみねこパンを食べるうみねこ)


 下船後に撮影した浄土ヶ浜の海岸。

C0808t204
(浄土ヶ浜の海岸)

 このあと乗船場近くにある、ビルには見えないターミナルビルで昼食を取ることに。
 これが結構忙しかった。食事の時間は30分ぐらいだった。案内された店で食べた。
 注文したのは鮭の親子丼。値段の割りに量が少ないことに驚きつつ平らげた。
 観光地だから仕方がないのだろう。

C0808t205
(鮭の親子丼)

 ちなみに、訪れたのは土曜日の午前。名物のウニ丼は既に売り切れ。
 観光客が訪れる土曜日の午前中に品切れとは...

 ここからバスで北西を目指すことに。
 途中、三陸鉄道の駅は見えたが、列車は見えなかった。
 

快速リアスで宮古へ

 8月22日(金)

 新幹線を北上し盛岡へ。ここから快速リアスに乗り換え、宮古に向かう。
 ちなみに山田線には初めて乗車したのだが、この日は新幹線の車中で
ビールを飲んだせいか、乗車中はあまり記憶がない...orz

 ということで、撮影した写真を少しだけ。
 まず、快速リアス。既にキハ110に置き換えられてしまっている。
 キハ52、58は味があったが、快適さを求めればやむを得ないのかも。

C0808t101
(快速リアス。盛岡発車前)

 横サボには途中の停車駅である茂市が経由として書かれていた。

C0808t102
(快速リアス。横サボ)

 盛岡を発車して数駅で上米内駅。
 列車の行き違いが出来る配線になっているが、併合閉そくとして時間帯に
よっては隣接する盛岡と区界を一つの区間として扱われている。
 ということで当然ながら上米内駅は、昼間の停留場の一つになるので、
下の写真の通り、出発信号機は消灯していた。

C0808t103
(消灯している上米内駅の盛岡方出発信号機)

 この後、峠越えはウトウトしていて、気づけば茂市。
 岩泉線のホームには岩泉行のキハ110が停車していた。

C0808t104
(茂市駅に停車している岩泉行、キハ110)

 岩泉線も一度は乗ってみたいと思っているが、なかなかチャンスが巡ってこない。
 1日3往復では、3月の三江線同様、タイミングが上手く行かないと乗車できない。

 そして最後は宮古駅。駅舎を撮影した。

C0808t105
(宮古駅の駅舎)

 この日はこのまま宿へ。
 翌日は盛岡までバス移動だった。
 

東北新幹線を北上

 8月22日(金)

 この日は職場の同僚と旅行へ。
 まず、東北新幹線を北上した。

 あまり鉄分が濃くない旅行となったが、新幹線の車窓から沿線を撮影した。

 まず、仙台発車直後。
 仙台車両センターに留置されている455系。
 6月にこの脇を通過した際、構内に廃車回送待ちの編成が停車していたのは確認していたが、
この日もまだ数編成が残っていた。

C0808t091
(仙台車両センターに留置されていた455系)


 続いて、新幹線総合車両センター。
 車両の所属がありながら、全般的な新幹線車両の検査なども行っているところ。

C0808t092
(留置されている新幹線車両)

 検査のためか、編成が分割されたE4MAXも。

C0808t093
(分割して留置されていたE4系)

 このまま東北新幹線で盛岡まで乗車することに。
 

黒ナンバーのSLみなかみ号を撮影

 8月25日(月)

 前日に続き雨が降る中、井野駅に向かった。
 この日は、黒プレートのSLみなかみ号を撮影することに。

C0808h521
(黒プレートのSLみなかみ号)

 これで、赤、青、黒と3種類のプレートが出たことになる。
 それぞれ「EL&SL奥利根」「SLみなかみ」をけん引してきたが、まだ出ていない緑だけは、
9月ということで「SLみなかみ」の設定が無い。あと1回撮影すれば、この夏の定例作業を
終えることになる。そう考えると、夏が終わるのは早いなぁなんて感じてしまう。

 ということで、この日はこれだけを撮影して撤収した。
 

ラウンドハウス:201系四季彩(新塗色)


 旧塗装の入線整備に続いて、四季彩・新塗装の入線整備も行った。
 こちらは、出荷時点でアンテナ類が取り付けられていたため、
先頭車前面のカプラー取り替えだけとなった。

C0808h511
(前面カプラーを交換)

 なお、この編成については、ボディカラーが白なので、横サボの色差しは
省略することに。

 この結果、新旧四季彩の連結が可能となった。

C0808h512
(新旧編成で連結)

 次回の運転会は、この組み合わせで持ち込むことになりそうだ。

40Dのフォーカシングスクリーンを交換する

 デジカメをEOS40Dに買い換えたことで、フォーカシングスクリーンの取り替えが
可能となったため、早速取り替えることに。

 先代の30Dは、撮影した画像がちょっと傾くことだった。
 癖とかで無意識に傾いているのだろう。
 しかしながらフォーカシングスクリーンの交換は出来なかった。
 せめてニコンのD300のように電子的にでも表示できればよかったのだが...

 ということで、早速交換することに。

C0808h201
(交換用フォーカシングスクリーン、Ef-d)

 専用の工具が付属しているので、交換は簡単だった。

C0808h202
(交換中)

 これで少しは傾くことなく撮影できるだろうか?
 

黒ナンバーの奥利根号を撮影

 8月24日(日)

 雨が降ったこの日、黒いナンバープレートになったD51-498がけん引する
EL&SL奥利根号を撮影するため、いつも通り井野駅へ。

 雨が上がらないせいか、この日の先客は1人。
 邪魔にならないよう、先客の後ろから撮影した。

C0808m101
(黒いナンバープレートが取り付けられたD51がけん引。井野駅にて)

 この日は雨。撮影したのはこの列車だけで、早々と引き上げた。
 

ラウンドハウス:201系四季彩

 
 17日の運転会に持参した、ラウンドハウスの四季彩。
 新旧両タイプとも購入していたが、購入してから一度も開梱することなく
既に数年が経っていた。

C0808h501
(開梱前の四季彩)

 事前の準備が漏れてしまい、旧塗装編成はアンテナなどを整備しない状態で
運転会に持ち込むことになった。

 後日。運転会での試運転が無事終了したので、この機会に入線整備をすることに。
 まず、旧塗装編成の屋根上に附属パーツのアンテナ類を取り付ける。
 続いて定番。側面行先字幕部分の修正液色差し。
 4両分だったのであまり手間取らなかった。

C0808h503
(色差しをした字幕部分)

 そして、先頭車連結器の取り替え。
 以前購入し、ストックしてあったパーツが生きることに。

C0808h504
(購入してあった増結用のカプラー)

 それにしても、このパーツ。4両分で600円。けっこうしたんだなと...

C0808h505
(カプラーを交換した両先頭車)

 これにより、201系の他の編成との併結が可能となった。
 次回の運転会では、新旧四季彩の併結でもやってみるかなと。

 ということで、新しい方の四季彩も加工してやらなくては...
 

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年8月31日 - 2008年9月6日 »