2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »

2008年6月29日 - 2008年7月5日

市川で撮影

 7月 3日(木)

 この日は平日ながらお休み。
 遅いスタートとなったが、午後から市川へ。5月と同様にホーム端から撮影。

 まず、成田エクスプレス。
 撮影を開始した時間は、東戸塚で発生した人身事故で運転を見合わせしていた列車があったが、
ほぼ順序通り列車がやってきたので助かった。

C0807c001
(253系)

 上りの成田エクスプレス(後追い)。
 下りの快速電車が接近していたため、並びの撮影となった。

C0807c002
(上りNEXと下りエアポート成田)

 貨物列車。EF65-1055号機がけん引のコンテナ車組成。
 今回、時刻を確認していなかったが、偶然撮影することが出来た。
 5月に撮影した下り貨物とは異なり、ほとんどコンテナが積載されていた。

C0807c003
(EF65-1055けん引の上り貨物列車)

 続いて、E217系。
 機器を更新した編成。帯の色が現行のスカ色の「青」が「水色」に。

C0807c004
(E217系更新車)

 以前、人づてに聞いていたが、お目に掛かるのは初めて。
 とても違和感が。見慣れたスカ色では無いからなのだろうけど...
 ちなみに、前面帯の角は未更新車が丸くなっているところ、更新車は角張っている。

 そして、E217系未更新車。
 いつもの見慣れたカラー。やはりスカ色には、この青(紺)が似合っている。

C0807c005
(下り快速電車)

 最後にE255系。

C0807c006
(E255系)

 撮影後、エアポート成田に乗車。この日の目的地に向かうことに。
 ちなみに、これを書いた4日から約10日間。ネットに接続できないため、
記事の更新はおそらく出来ないかと...
 

TOMYTEC:バスコレなど...(1)

 既に購入してあった、バスコレなどを開梱してみることに。

 まず、バスコレ。第9弾は箱買いしてあったのだが、身近な路線バスがないため、
開梱していない状態だった。
 なお、開梱にあたりバスを収納するためのケースとして、最近の定番になっている
ダイソーのA5ケースも調達した。

C0827n111
(バスコレ第9弾と購入したA5ケース)
 

続きを読む "TOMYTEC:バスコレなど...(1)" »

スプレー缶から塗料を取り出してみる

 先日、押し入れを整理していたら、しばらく使っていない古いスプレー缶が出てきた。
 GMのスプレーだが、外装が緑色の古いタイプ。ガスが抜けてしまっているのか、
なんとなく塗料がボテッとした感じがした。

 そんなスプレー缶を淘汰すべく、こちらの頁の方法を参考にさせていただいた。

 まず、スプレーを別の容器に開けることに。
 当初は飲み干したペットボトルを用いていたが、乾燥するまでに時間が掛かるため、
100円ショップで売られていたフタ付き紙コップを購入し、これに吹き出すことにした。

C0827n101
(購入した紙コップと古いスプレー缶)

 スプレー缶にストローを取り付けて紙コップに塗料を吹く。
 今回使用した紙コップであれば、跳ね返りって手などを汚すことがない。

C0827n102
(紙コップに吹き込んでいるところ)
 
 スプレーを吹き終わったところで、塗料に含んでいる高圧ガスを取り除くため、
人肌に温めたビー玉を入れる。気温が高いせいかあまり強くはなかったが、
それでも気泡がはじけていく。

C0827n103
(紙コップにビー玉を投入)

 しばし放置し、高圧ガスが抜けるのを待つ。
 こうしてやることで気泡が取り除かれる。
 放置した後、GSIクレオスのスペアボトルに抜き出した塗料を移していく。

C0827n104
(スペアボトルに塗料を移す)

 これで、今回の作業は終了。
 同様に他の塗料も作業を続けていく。

C0827n106
(作業が完了した塗料) 
 

運転会へ(15日)

 6月15日(日)

 新京成に揺られて習志野へ。
 2ヶ月ぶりの運転会へ。

 今回は梅雨時、しかも荒天が見込まれたため荷物は少なめにした。
 とはいえ、実際はいつもと同じ鞄だったのだが...
 なるべく短い編成をということで、持ち込んだのはKATOのキハ58など。

 まず、KATOのキハ58、九州系2種類。 

C0806c811
(キハ58九州急行色とシーガイア色)
 

続きを読む "運転会へ(15日)" »

15日の撮影記録~新京成線

 今更ながら、15日の撮影記録を。
~~~~~~~~~~~~~~~
 6月15日(日)

 この日は、新京成電鉄習志野駅近くで行われる運転会に出掛けた。
 過去、この運転会へは、2007年12月の京成上野から勝田台~北習志野経由、
今年4月の金町から高砂~新鎌ヶ谷経由と、未乗線区の乗りつぶしを兼ねて出掛けていた。
 3回目となる今回は、松戸から新京成電鉄に乗車し、同電鉄を完乗することに。

 当日、上野から常磐線の快速で松戸に向かい、素直に乗り継ぐ。
 途中駅で、松戸方面行の発車案内標に「試運転」の文字が。
 何が来るのだろうと、途中のくぬぎ山で下車。ホームから撮影することに。
 ただし、何も考えずに下車してしまったため、、今年4月の新鎌ヶ谷のように
編成が全て収まらなかった。

C0806c801
(松戸行、8856)

C0806c802
(試運転、8510)

 試運転。検査終了後の試運転のようだった。
 ここまで撮影し、習志野に向かうことに。
 
 

9日の撮影記録~ファステック360を撮影

 6月 9日(月)

 仙台郊外での会合を終え、仙台駅に戻る。
 この日は家に帰るのみ。特段予定は入れていなかった。

 そして、帰りは連れがいたので、並んで座れるこまち編成に乗車することにした。
 それにしても、さすがに16号車ともなると、乗り場が遠いせいか人気がないようだった。

 しかし、それが幸いすることもある。
 上りホームに上がったところ、下りホームになにやら珍しい色の車両が停車していた。
 よく見ると、高速試験車のファステック360だった。東北新幹線内で試験走行をしていると
聞いていたが、まさか白昼見かけることが出来るとは思ってもいなかったため、慌てて撮影した。

C0806s301
(仙台駅を発車するファステック360。東京方先頭車)

 この編成は試験車のため、先頭車の形状が異なっているということは既に知っていたので、
撮影しようと思ったが、残念ながら逃げられてしまった。
 とはいえ、今回の旅行ではこのファステックを含め、普段見られないものを観察できたのだから、
それだけで満足だった。

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月13日 - 2008年7月19日 »