2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »

2008年5月18日 - 2008年5月24日

4日の撮影記録 蓮田にて~臨時特急スペーシア日光81号と日光83号

 ゴールデンウィーク・4日の撮影関係、つづき。

~~~~~~~~
 5月 4日(日)

 大宮での撮影を終え、宇都宮線で北上する。
 この日も、足利藤まつり号や183系「彩野」を使用した臨時特急日光83号などが運転されていた。
 そんな列車の撮影するため蓮田駅で下車。上りホーム上野方で宇都宮線の下り列車を撮影することに。
 ちなみに蓮田駅の2番線は、列車の着発が少ないため、当然ながら上り列車が被ることも少ない。
 それ故、今回の撮影地として選んだ。

 まず、足利藤まつり1号。
 183系大宮車の6両編成。
 近づいてきて、なんとなく見たことがあるヘッドマークだなぁ?と。
 よく見れば「特急 草津」のヘッドマーク。出端から撃沈...
 後で写真を見たところ、OM102編成。
 この編成は今年1月、TOMO氏が撮影した「特急 水上98号」に充当されていた編成。
 どうもヘッドマークの装置の具合があまり良くないようだ...

C0805g105
(足利藤まつり1号。蓮田駅)

 もっとも、上野方の先頭車のヘッドマークは正しい表示だった。

C0805g106
(足利藤まつり1号後追い。蓮田駅)

 続いて、高速貨物3087列車。
 この日、蓮田で撮影した貨物は、この列車のみ。
 牽引機はEF65-1058号機、更新色だった。

C0805g107
(3087レ。蓮田駅)

 足利藤まつり3号。
 こちらも183系6両編成大宮車。両側に特急マークが取り付けられたOM103編成。
 ヘッドマークは正しい表示だった。
 
C0805g108
(足利藤まつり3号)

 そして、ゴールデンウィーク中ということで、観光地・日光を目指す臨時特急その1。
 東武100系を使用した、臨時特急「スペーシア日光81号」。
 列車名の通り、車両は東武鉄道100系電車(スペーシア)。

C0805g109
(スペーシア日光81号。蓮田駅)

 団体専用列車。183系8両編成・田町車。
 ダイヤ情報では小金井まで運転するとの記載があった。

C0805g110
(183系団体専用列車。蓮田駅)

 551M小金井行。
 211系15両編成。先頭車の種別幕が字幕式だったので撮影した。
 LED車だと、撮影しても綺麗に出ないので、字幕車はありがたい。
 もっとも、列車番号の表示はLEDだったので、綺麗に写らなかった。

C0805g111
(551系・小金井行。蓮田駅)

 最後は、観光地・日光を目指す臨時特急その2。
 JR東日本の183系「彩野」6両編成を使用した、臨時特急日光83号。
 車両は183系6両編成「彩野」。

C0805g112
(日光83号。蓮田駅)

 ここまで撮影し、再び宇都宮線を北上する。

4日の撮影記録 大宮にて~お座敷藤祭り号を撮影

 かなり遅くなってしまったが、ゴールデンウィーク中に撮影に出掛けた関係の残り。

~~~~~~~~
 5月 4日(日)

 前日・3日のスロースタート(単に寝坊しただけだが...)と一転、少し早起きした
 この日は、足利藤まつり号を宇都宮線内で撮影するため、新幹線で大宮に向かうことに。
 天候があまり良くないのが唯一の不安材料だった。
 大宮に到着すると連休中ということもあり、カメラを持った人がちらほらと。

 まず、大宮から運転する臨時特急「スーパービュー踊り子1号」を撮影しようとホームに下りると、
11番線にお座敷電車「宴」号がやって来たため撮影することに。
 この電車、デビューして既に10年以上経つが、まともに撮影したのは初めてだった。
 とはいえ、天候も悪くまともとは言えないような写真になってしまった。

C0805g101
(大宮駅に進入する「宴」)

 251系「スーパービュー踊り子1号」。
 唯一の大宮始発のイレギュラーな踊り子号。しかも臨時列車ながら「1号」を名乗る。
 もっとも新宿から先は、以前から「1号」として運転していたスジなので、そのまま名乗っているのかも。

C0805g102
(スーパービュー踊り子1号。大宮駅)

 そして11番線。
 今度は「日光1号」。JR車・485系6両編成。
 先日も大宮で上り列車を撮影していたのだが...
 11番線に停車したところを後追いという形で撮影した。
 そのせいで、先頭車両が判別できない写真になってしまった。

C0805g103
(大宮駅に停車中の日光1号)

 EL&SL奥利根号。
 前日・3日の上り列車と同じく、EF60-19号機がけん引だった。

C0805g104
(9733レ。大宮駅)

 ここまで撮影し、宇都宮線の列車で北をめざすことに。
 

秩父1000系

 5月17日(土)

 武川から熊谷に戻る電車はオリジナルカラーの1000系電車。
 熊谷に到着すると、すでに直通の臨時電車として運転していたスカイブルーとオレンジの1000系電車が
側線に停車していたので撮影。

C0805t023
(留置されていたスカイブルーの1000系)

C0805t024
(同じく、熊谷駅の側線に留置されていたオレンジの1000系)

 なお、武川で撮影したうぐいす色の1000系もそろそろ熊谷に戻ってくる頃だ。
 コンコースで羽生から来る電車を待っておいたが、オリジナルカラーの1000系電車だった。
 次はと思い持参していた東京時刻表を見れば熊谷止まり。ひょっとすると側線に引き上げとなる
可能性があるので、20分ほど待つことに。

C0805t025
(オリジナルカラーの三峰口行とオレンジ、スカイブルーの1000系)

 20分後。
 やって来た熊谷止まりは目論見通り、うぐいす色の1000系電車だった。
 早速撮影することに。

C0805t026
(うぐいす色の熊谷止まりとオレンジ、スカイブルーの1000系)

 そして、一旦秩父方に引き上げてから側線に留置。
 しかしコンコースからでは撮影できなかったので、側線脇の駐車場から撮影することに。

C0805t027
(うぐいす色とオレンジの1000系)

 さらに、角度を変えて3色が並ぶように撮影する。

C0805t028
(3種の1000系)

 一旦、駅を離れ夕飯を食べた後戻ってみると、カナリアの1000系、オリジナルカラーの1000系も
留置されていたが、重なり具合が悪いようだったので、撮影はしないで帰宅することにした。残念...
 

武川駅で撮影

 5月17日(土)

 わくわく鉄道フェアの見学を終え、影森行の臨時電車に乗車し、武川に向かうことに。
 本当であれば、熊谷行の臨時電車に乗車するはずだったが。 
 結局、最後に残った影森行?臨時電車に乗車することに。
 
 どこで下車するか迷ったが、TOMO氏の提案で、武川で下車することに。
 広瀬川原から熊谷までの乗車券(230円)で乗車できる駅となると、秩父方面では武川まで行けることが
判明していたし、到着する頃に貨物列車の撮影も出来るようだった。

 武川。
 到着すると、貨物線側に積荷を積載した貨物列車が既に停車していたので撮影することに。

C0805t018
(武川駅に停車中の貨物列車)

 また、唯一イベント会場での展示が無かったリバイバルカラーの1000系電車うぐいす色が、
羽生に戻ってくるはずだったので、駅から近い場所で待ち受けることに。
 もし、違っていても、秩父鉄道の電車はあまり撮影していないので丁度いい機会だ。
 なんて考えていたが、やって来たのは思惑通りうぐいす色の1000系だった。

C0805t019
(武川駅を発車する1000系電車うぐいす色)

 この後、少し熊谷に行った線路脇で貨物列車の発車を撮影することに。
 貨物列車発車直前に、元都営車(5200系?)がやってくるのでこれも撮影する。

C0805t020
(武川駅に進入する、元都営5200系)

 そして、元都営車が発車して数分後、貨物列車がゆっくり起動する。
 貨車のサイズが若干小さいものの機関車は1両。本当にゆっくり向かってくる。

C0805t021
(武川駅を発車する貨物列車)

C0805t022
(貨物列車、後追い)

 ここまで撮影し熊谷に戻ることに。
 ひろせ野鳥の森で、イベントの引上げと重なり車内が混雑した。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん
 

2008わくわく鉄道フェスタ(2)

 5月17日(土)

 一旦、フェスタ会場を後にして、本線脇の土手から展示車両を撮影することに。

C0805t012
(会場外から、展示してあった車両の様子を撮影)

 土手に到着。
 光線具合などを勘案し、こちら側から撮影している人も多かった。

C0805t013
(会場外から1000系電車3本並び)

 ここを訪れる前、うぐいす色の1000系電車が通過していったようで、それを狙った人も多かったようだ。
 しかし折返しは15時過ぎ。ということで、撮影できなかった。

C0805t014
(反対側から)

 撮影後、再び会場に戻ることに。
 2両のデキのパンタグラフがあげられ、前照灯を点灯しているとのことで撮影した。
 しかし、太陽が頑張ってくれ過ぎたせいで、写真では点灯がわかりにくい結果に...

C0805t015
(前照灯が点灯した2両のデキ)

 囲われていたC58。
 警備上の都合もあり、午後も柵で囲われていたままだったが、再び撮影しておいた。

C0805t016
(囲われたC58)

 午後になっていくらか引き上げた人がいたせいか、若干空いてきたような感じだった。
 この日は、午後から合流された方もいたので、再び場内を一周することに。

 午前中、使い古された車輪の撮影はしていたが。
 午後になり、電気車修繕庫の脇に5000系に使用するとおぼしき車輪の存在に気づき撮影した。

C0805t017
(5000系用の車輪?)

 一通り会場の見学を終え、臨時電車乗り場に向かう。
 ちょうどスカイブルーの1000系電車のドアが閉まったところだった。
 乗り場脇に貼られていた時刻表を見ると、ドアが閉まったスカイブルーが2本目の熊谷行。
 ということで、残りは影森行しかない。どうやら見間違えていたようだ...
 

2008わくわく鉄道フェスタ(1)

 5月17日(土)

 熊谷から乗車した臨時電車で広瀬川原車両基地に到着し会場へ。
 
 寄居からの1000系電車が到着するのでカメラを構える。
 到着したのはオレンジバーミリオンの編成。
 「秩父路特別快速」というヘッドマークが取り付けられていた。

C0805t006
(オレンジバーミリオンの1000系電車)

 ただ、あまりいいポジションでなかったため、編成全体が収まらなかった。

 早速会場を見て回ることに。
 今回、C58も展示されていたが、記念撮影しやすいよう車両ギリギリのところに紅白の柵があったため、
とりあえず「イベントで展示されてました」というような記録写真にとどめた。
 もっとも、C58の走行シーンはまだ撮影していないので、早く機会を作って撮影に行きたいと感じた。

 続いて、デキ101+数両の貨車。
 後で指摘され気づいたが、架線が無いのに前照灯が点灯していた。

C0805t007
(デキ101ほか)

 なお、その脇には、休車なのか廃車待ちなのか、はたまた部品取り用なのか謎だったが、いろんな車両が。

C0805t008
(廃車解体待ち?)

 さらに奥に進み、トラバーサー。体験乗車をやっていた。
 20メートル級の車両を乗せることが出来るのだろう。大きいものに感じた。

C0805t009
(トラバーサー)

 一番奥の転車台。
 ここにはデキ103が載せられていたが、ここも架線が無い線路。
 おそらく実演用に入換動車で押し込まれたのだろう。

C0805t010
(転車台)

 なお、この日の昼食は、会場で販売していた「広瀬川原駅弁当」。
 中身は子供が好きそうな幕の内弁当って感じのおかずだった。

C0805t011
(広瀬川原駅弁当)

 ここで、会場脇から展示車両を撮影するため、一旦会場を後にする。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん
 Fujickeyさん
 くましげさん
 

広瀬川原行臨時電車~イベント会場へ

 5月17日(土)

 熊谷駅でTOMO氏やくましげ氏と合流する。
 そして羽生からイベント会場である広瀬川原車両基地に向かう臨時電車に乗車することに。

 既にホームは、イベント会場に向かう臨時電車に乗車するお客さんで一杯だった。
 側線に目をやると、うぐいす色の1000系電車(1009)が留置されていたので早速撮影する。
 ちなみにこの日、この電車のみイベントに参加することなく、この後営業運転に就いていた。

C0805t003
(熊谷駅側線に留置されていたうぐいす色の1000系)

 乗車する臨時電車はスカイブルーの1000系電車。
 羽生~熊谷間は定期電車として営業してきたものが延長運転のような形で運転することに。
 それ故、そのまま乗り通す人もそれなりにいたが、熊谷から乗車した人の方がやはり多かった。
 車内は、通勤時間帯といった感じで、立っている人も多かった。

 ひろせ野鳥の森駅を通過し、車両基地に向かう側線に入り程なく到着。
 到着すると同時に待ち受けていたスタッフの方々が降車用の足場を用意。
 準備が完了すると同時にドアコックを扱い下車が始まる。
 運良く、目の前のドアが降車用ドアだった。

C0805t004
(広瀬川原車両基地到着。そして降車中)

 ところで、熊谷駅の改札前で硬券乗車券が売られていたので、記念に乗車する分以外に購入しておいた。
 実際には、広瀬川原車両基地では、乗車券は回収されず見せるだけでOKだった...orz

 なお、既に最初に到着した直通電車(カナリア色)は展示用に転線を終えた後だった。

C0805t005
(転線を終えていたカナリア色の1000系電車)

 早速会場へ。

ウィークエンドあかぎ

 5月17日(土)

 この日は、秩父鉄道の広瀬川原車両基地で行われる「わくわく鉄道フェスタ」というイベントに出掛けた。
 途中、籠原駅で途中下車し、タイトルの「ウィークエンドあかぎ8号」を撮影することに。

 ところで、このところ自分のカメラの調子が日によって、良かったり悪かったりと波がある。
 で、この日は凶と出る。

 まず、2番線に待避する湘南新宿ラインの特別快速。
 ピントがどうも甘い。

C0805t001
(ピントが甘い湘南新宿ライン)

 そして「ウィークエンドあかぎ」。進入はきれいに撮影できなかった。
 運が悪いなぁと思いつつ、自分の横を通過すると思いきや...
 一番後ろの車両がホームに掛からないうちに停車。駅の先の踏切で何かあったようだ。
 慌てて別のレンズに変えて撮影した。

C0805t002
(籠原駅に停車した「ウィークエンドあかぎ8号」)

 運がよいのか悪いのかわからないまま、後続列車で熊谷に向かった。
 

« 2008年5月11日 - 2008年5月17日 | トップページ | 2008年5月25日 - 2008年5月31日 »