2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »

2008年5月4日 - 2008年5月10日

Tama Zoo Train 50周年記念号を撮影

 5月 5日(月)

 笹塚からTOMO氏とともに下り電車に乗車し、撮影ポイントを探すことに。

 しかしながら、お目当ての列車は、自分が乗った列車の数本後。どのみち、ホーム上からの撮影になる。
 また桜上水などは、上りホームには既に先客がいたため、どうしたいいのだろうかと悩む。

 そして下高井戸。
 到着するホームを見ていると、右にカーブしているため、ホーム中間から進入を撮影することとし下車。
 早速カメラを出して準備することに。流石にこんなところで撮影しようという人は他にいなかった。

 まず、8000系・各駅停車高尾山口行。
 行先・種別ともにLEDのため、うまく写らない。

C0805g027
(各停高尾山口行。下高井戸駅)

 実際に撮影してみてわかったのが、この場所であれば上り列車が到着してもあまり影響がないということ。
 それにしても、このアップダウンは先日訪れた、小田急電鉄下北沢駅の新宿方のようにも感じた。

 続けてやってくる下り電車も撮影することに。
 準特急北野行。これもLED表示だった。
 なお、北野から高尾山口行になるため、行先表示は「北野」と「高尾山口」がスクロール。
 
C0805g028
(準特急北野行。下高井戸駅)


 そして、「Tama Zoo Train 50周年記念号」。

C0805g029
(Tama Zoo Train 50周年記念号)

 営業列車のはずだったが、前後の種別幕は「回送」のままだった。
 誤乗を防止したい気持ちはわかるのだが、乗客がいる列車で「回送」って...
 なお、乗車していたのは、一番後ろの編成だけだったように感じた。


 最後に急行橋本行。
 パンタグラフが原型タイプの6000系だった。

C0805g030
(急行橋本行。下高井戸駅)


 このあと、東急世田谷線の撮影へ。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 Kaz-Tさん
 TOMOさん

笹塚へ~6000系を撮影。

 5月 5日(月)

 新宿に向かうことにしたが、湘南新宿ラインが発車した直後だったため、「おはようとちぎ号」に乗車する。
 なんとか座ることが出来た。着席料金と考えれば特急料金の500円も高くはないなと感じた。

 新宿から京王線に乗り換え笹塚へ。
 この日、多摩動物公園の50周年記念列車が運転されるとのことで、その送り込み回送を笹塚で撮ることにした。
 到着すると、既に先客が居たが何とか場所を確保し撮影することに。

 例によって、当該列車が来るまで、腕ならしに先行する列車を撮影する。
 まず、都営10-300R形。両先頭車のみJR東日本のE231系ベースで製造された車両。

C0805g021
(笹塚駅引上線に停車していた都営10-300R形)

 中間車は10-000形ということで、雨樋の高さが異なるため、編成としての統一感がない。
 今後、中間車が老朽化した際は、中間車のみを追加製造して組み込むのだろうか?
 もっとも、赤字銀行に400億円つぎ込む東京都だから、そんなことはないのかも...


 続いて、京王7000系の快速新宿行。2連+6連の8両編成。
 京王電鉄初のステンレス車両とのこと。

C0805g022
(快速新宿行。笹塚駅)

 そして、京王6000系の準特急新宿行き。
 準特急という種別があるとは知らなかったが、2001年に運転を開始したとのこと。

C0805g023
(準特急新宿行。笹塚駅)


 最後に、送り込み回送。
 若干早く来たのか、先行列車がまだ発車していなかったため、駅手前で停車し、
さらにホームで停車したため、停車した後ろ姿も撮影することが出来た。

C0805g024
(笹塚駅手前に停車した送り込み回送)

C0805g025
(笹塚駅停車中)


 ここまで撮影し、今度は記念列車を撮影するため、下り列車に乗車し、撮影ポイントを探すことに。
 下りホームで電車を待つ間、都営新宿線直通電車が入線。10-300形だったため撮影した。

C0805g026
(都営10-300形)

 10-300形は10-300R形とは異なり、編成単位で製造されたため、編成に統一感があった。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん

Pトップけん引のEL&SL奥利根号

 5月 5日(月)

 ホリデー快速まで撮影後、高崎線の上りホームへ移動する。
 しかし前日とは異なり先客が多かった。やはり牽引機がPトップになったせいなのだろう。

 まず、EL&SL奥利根号。
 けん引機はダイヤ情報に掲載されたとおりPトップことEF65-501。
 先日まで、JR貨物・高崎機関区に貸し出されていた。
 EF65-535号機の引退と時同じくして、ようやくJR東日本に戻ってきた。
 
C0805g006
(Pトップがけん引したEL&SL奥利根号)

 続いて、5番線にやってきた貨物列車。
 更新色のEF64-1011号機がけん引していた。
 編成は全てタンク車だったが、あと寄りに1両だけタキ44000?が連結されていた。

C0805g007
(5番線の貨物列車)

 そして、足利藤まつり1号。
 東大宮に所属する、183系6両編成(OM102編成)。
 実は先日も、別の場所で同じ編成の同列車を撮影していたのだが...

C0805g008
(大宮駅に進入する、足利藤まつり1号)

 7番線から発車した、成田エクスプレス号。
 現在は253系で運転しているが、E259系への置換計画が発表され、この姿を見られるのもあと数年。

C0805g009
(大宮駅を発車したNEX)

 ここで、蕨からやって来たTOMO氏と合流する。
 最後に、足利藤まつり3号。
 これも183系6両編成。両先頭車前面に特急マークが付けられたOM103編成だった。

C0805g010
(大宮駅に進入する、足利藤まつり3号)

 ここまで撮影した後、都心に向かう。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 Kaz-Tさん
 TOMOさん
 くましげさん
 

お座敷せせらぎ藤祭り号などを撮影

 4日も大宮で撮影したものの、5日分から。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 5月 5日(月)

 この日もEL&SL奥利根号のEL区間を撮影するため、前日と同じく新幹線で大宮に向かう。
 ちなみに5月4日の上り列車の高崎から、高崎車両センターのPトップこと、EF65-501号機がけん引になると、
ダイヤ情報などでも事前に発表されていた。前日のEF60(19号機)との違いを撮影しようと考えた。

 大宮駅に到着し、まず「ホリデー快速鎌倉」号を撮影。

C0805g001
(ホリデー快速鎌倉号。大宮駅)

 豊田車両センター所属の115系スカ色6両編成。
 ホリデー快速むさしの号の間合い運用のようだ。
 ヘッドマークも、ホリデー快速むさしの号と同じ「ホリデー快速」と書かれたものだった。
 また、横サボについても、列車名入りのものが用意されていた。

C0805g002
(ホリデー快速鎌倉号の横サボ。大宮駅)


 そして、前日と同様にお座敷電車「せせらぎ」(485系)を利用した、「お座敷せせらぎ藤祭り号」を撮影。

C0805g003
(お座敷せせらぎ藤祭り号。大宮駅)

 なお、「せせらぎ」には先述のホリデー快速とは異なり、横サボが付いていない。
 そのため、各車両の窓ガラスに紙サボが貼られていたが、列車名、号車などが書かれた簡易的なものだった。
 ただ、何も表示されていないよりはいいのかもしれない...

C0805g004
(お座敷せせらぎ藤祭り号の横サボ。大宮駅)


 このあと、再び宇都宮線の上りホームに向かい、ホリデー快速河口湖3号を撮影。
 こちらは、ヘッドマークは「快速」表示だった。

C0805g005
(大宮駅を発車するホリデー快速河口湖3号)

 このあと、Pトップがけん引する、EL&SL奥利根号などを撮影することに。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 Kaz-Tさん
 TOMOさん
 スタヤーチさん

お座敷せせらぎ藤祭り号を撮影

 5月 3日(土)

 スロースタートとなったこの日、井野駅で「せせらぎ」を使用したお座敷せせらぎ藤祭り号を撮影することに。
 せせらぎと言えば先日、上り方先頭車にやまなみを連結して運転していた。
 この日も、やまなみが連結されているのか見たくなり、井野駅に向かった。

 お座敷せせらぎ藤祭り号。

C0805c001
(お座敷せせらぎ藤祭り号。井野駅)

 この日は全車両がせせらぎだった。
 やはり、編成は整っていた方が綺麗だと感じた。
 
 そして続行運転した、EL&SL奥利根号。
 下り勾配の区間ながら、少し煙を吐いていた。
 ただ、下の写真でもわかるように、風が西向きだったため、列車の通過後に煙が流れてきたのには参った(笑)

C0805c002
(EL&SL奥利根号。井野駅)

 井野駅で撮影後、高崎駅乗り継ぎで新町駅に向かった。
 思ったよりも明るかったため、ELけん引区間も撮影しようと欲をかく。

 しかし、新町駅に到着してみると、ずいぶんと薄暗かったが、つべこべ言っているヒマはない。
 乗車した列車と撮影する列車の高崎駅の発車は3分しか差がないので足早に下りホームに向かう。
 到着するとほぼ同時に上りホームで接近放送があったため、急いでカメラの準備。
 なんとか、撮影は出来たものの...

C0805c003
(EL&SL奥利根号。新町駅)

 ちなみに牽引機はEF60-19だった。
 翌日はPトップ(EF65-501号機)がけん引となる。こちらも撮影することに...
 

KATO:183系0番台

 手つかず品一掃の一環として、KATOの183系0番台を押し入れから出してみた。
 当然ながら、全く手が着いていない状態だった。

C0821n001
(とりあえず開けてみたところ)

続きを読む "KATO:183系0番台" »

足利藤まつり4号を撮影

 4月29日(火)

 品川から京浜東北線に乗車。さらに上野から高崎線に乗り換える。
 この日運転されていた、臨時快速「足利藤まつり4号」を撮影するため、大宮に向かう。

 この臨時快速「足利藤まつり」号は、両毛線富田駅が最寄りの「あしかがフラワーパーク」の藤が見頃になる、
ゴールデンウィーク時期に合わせ、宇都宮線経由で運転している列車。
 この他、高崎線回りの「お座敷藤祭り」号や、水戸線に直通する「大藤祭り」号などが運転されている。
 また、先日の報道によれば、あしかがフラワーパークの年間入場者の6割がこの1ヶ月間に訪れるそうだ。
 そのせいで、かき入れ時である今の時期については、入場料が数百円高くなるそうだ。

 なお、本来であれば2号の撮影もしたかったが、休日で下り列車がなかったため、2号の撮影は諦める。
 ちなみに赤羽停車中にすれ違った2号はOM102編成。
 ということで、4号に充当されているのはOM103編成と言うことが判明。

 大宮に到着。高崎線の上りホームに移動し、列車の到着を待つことに。
 足利藤まつり4号。上記の通り、OM103編成だった。
 ヘッドマークはエアポート常磐などのようなステッカータイプではなく、ちゃんと組み込まれていた幕タイプだった。

C0804c032
(足利藤まつり4号。大宮駅)

 このあと、日光8号とホリデー快速武蔵野号の回送を撮影し、この日の撮影は全て終了。
 ここでTOMO氏と別れ、新幹線で帰宅した。

C0804c033
(大宮駅進入中の日光8号)

C0804c034
(大宮駅進入中のホリデー快速むさしの号)


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん
 

京急経由で品川へ~赤くない京急~

 4月29日(火)

 鶴見から京急で都心に戻ることに。
 乗車したのは各駅停車。京急川崎で一旦下車した。
 下りホームでは、泉岳寺から来た電車と羽田空港から来た電車の併合が行われていた。

C0804c029
(併結作業中。京急川崎駅)

 羽田空港から来た電車が先に駅の外(というか、駅の手前にある待機線)に停車。
 泉岳寺から来た電車がホームに到着すると、羽田空港からの電車が移動してきて併結が始まる。
 京急蒲田を先に出たのは羽田空港発。知らないで東京時刻表を見ると、複々線かと勘違いしそうな感じ。

 そして大師線ホームへ。
 この駅で下車したことがなかったため、大師線が地上から発車していることなど全く知らなかった。
 もっとも昨年1月、職場の旅行で海ほたるに行った帰り、バスで川崎に向かっている際に併走した線を、
空港線と勘違いしたぐらいだから、このような路線があるという認識自体あまりなかった。

 ホームに向かうと、京急開業110周年の茶色い電車が停車していた。
 存在すら知らなかった...

C0804c030
(京急開業110周年の電車、後追い。京急川崎駅)

 この日は東急の甲種といい、青や茶色の京急といい、普段見ないものばかり観察することが出来た。 

 京急川崎から快特青砥行に乗車して品川へ。
 京急蒲田付近は高架工事真っ盛りといった感じだった。
 ただ、敷地が少ないせいか、現在の線路上に高架構造物を建設しているために、
慎重な作業が求められるため、時間が掛かっているのだろうか?

 品川到着後、3月のダイヤ改正から使用が開始された横須賀線の15番線を観察しに行く。

C0804c031
(15番線から東京方面を見る。)

 15番線の完成により、元の横浜方面の本線であった14番線は中線化されていた。
 これで、品川での折返しやら待避が出来るようになり、運行形態に変化が出るかもしれない。
 この後、京浜東北線に乗り換え北をめざすことに。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん
 

鶴見へ~東急甲種を撮影~

 4月29日(火)

 東十条からTOMO氏と京浜東北線に乗車し、鶴見に向かう。
 この日に運転する、東急電鉄の甲種回送を撮影に向かうことに。
 途中、新町と吹上で撮影した混色「せせらぎ」やE217系東海道バージョンなどとすれ違う。

 鶴見に到着。
 お目当ての甲種回送が到着するまで、あまり時間がないから京浜東北線のホームで撮影しようとしたが...
 横浜方のホーム先端は、既に黒山の人だかり。電車が到着・発車する際も白線からはみ出している始末。
 さすがに、その集団に混じって、危険な行為をすることだけは避けたかったのでホーム中程で撮影することに。

 撮影する場所はとりあえず確保したのだが、黒山の人だかりがやはり気になる。
 なんて思っていたら、東海道線の上り線をE233系が走り去っていく。
 しかし、それが京浜東北線の電車が発車する時。
 何とか後追いで撮影することは出来たのだが...

C0804c026
(E233系東海道バージョン。撮影できたとはいえ...)

 E233系が走り去った後、DLにけん引された東急の甲種回送がやってくる。
 ホーム側から4本目の線路を走行してくるため、京浜東北線や東海道線の電車と被ってもおかしくなかったが、
何とかそれは避けられた。が、目先の黒山の人だかりを回避するため、ギリギリの撮影になってしまう。
 編成が短ければ良かったのだが、こういうときに限って、11両連結している。

C0804c027
(東急甲種。鶴見駅)

 それでも、TOMO氏の誘いがなければ、東急甲種の情報は確認していなかったからラッキーだったのかも。
 東急甲種が走り去った直後、東京駅近くですれ違ったE217系東海道バージョンが下ってくる。
 で、これもタイミングが悪い。京浜東北線の電車も到着するところ。望遠で撮影したが...

C0804c028
(E233系京浜バージョンとE217系東海道バージョン。鶴見駅)

 このあと、沿線の踏切で撮影していたMさんと合流し、鶴見から京浜急行で都心に戻ることに。


★この記事から、下記サイトさんへTBを送信しました。
 TOMOさん
 

« 2008年4月27日 - 2008年5月3日 | トップページ | 2008年5月11日 - 2008年5月17日 »