2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 7日の撮影記録 復活20周年のD51 498(3) | トップページ | さよならEF55みなかみ号を撮影(1) »

KATO:165系モントレー(5)~屋根板の塗装(1)

 
 屋根板の平滑化を終えた、KATOの165系モントレーのその後。

 一旦、クレオスのグレーサーフェーサーを吹く。
 そして、グリーンマックスのダークグレーを重ねて吹き付ける。

C0822n017
(ダークグレーを吹き付けた屋根板)

 モハ164以外の屋根板はこれで塗装は終了。
 モハ164はクーラーを別体化しなかった分、マスキングしてねずみ色1号を
吹き付けてやることに。
 さらに、同時に取り付けるベンチレーターやクーラー(AU13)も塗装する。
 なお、塗装するにあたり、クーラーやベンチレーターにまんべんなく塗料が
行き渡るよう、塗装用のツールを作成する。

C0822n018
(作成したツールで塗装し終えたところ)

 ここまで吹き付け終えたら、今度は吹き付けたものを取り付けていく。
 モントレー用の屋根については、調査したデータを基に、クーラーを取り付け
ていく。ただ、モハ165については、AU13の種類(ルーバー、ネット)について
特に指定が無いので、適当に取り付けていく。
 
C0822n019
(クーラーやベンチレーターを取り付けたところ)

 ここまで来れば、後は何とかなるだろう。
 と、思ったのだが、よくよく考えると避雷器やパンタグラフが未塗装のまま。
 そして、カプラー関係について手を付けていない。
 何らかの加工をしなくては...

 完成?まで、あともう一息。
 

(もう少し続く...?)

« 7日の撮影記録 復活20周年のD51 498(3) | トップページ | さよならEF55みなかみ号を撮影(1) »

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/43342121

この記事へのトラックバック一覧です: KATO:165系モントレー(5)~屋根板の塗装(1):

« 7日の撮影記録 復活20周年のD51 498(3) | トップページ | さよならEF55みなかみ号を撮影(1) »