2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« ホテルにて~客室から0系を撮影 | トップページ | 岡山から津山へ~金川で交換待ち »

岡山駅にて

 10月18日(土)

 旅行3日目。
 この日は、岡山からひたすら東を目指すことになる。
 
0810w104
(岡山駅改札口)

 しかしながら、最初に乗車するのは8時の列車。
 発車まで1時間近くあったので、駅内で列車を撮影することに。

 まず、四国直通特急のしおかぜ1号
 最後部車両は貫通型の先頭車だった。

0810w105
(岡山駅に停車中のしおかぜ1号)


 続いて児島行。115系3両編成。

0810w106
(115系湘南色の児島行)

 短編成のせいか神戸方のホーム(5番線)から発車する。
 宇野方のホーム(7番線)はわかりやすいが、ここは駅舎からも離れていて、
少し判りづらいようだった。

 西日本カラーの115系。
 見慣れている湘南色に比べ、少しスマートに見える。

0810w107
(西日本カラーの115系)

 この辺りでは、色は異なるものの、まだまだ115系が幅をきかせているようだ。
 手入れさえしてやれば、まだ使えると言うことなのだろう。ただ、登場してから
既に20年近く。そのうち221系辺りに置き換えられるのだろうか?

 西日本カラーのキハ47。

0810w108
(西日本カラーのキハ47)

 キハ47は、キハ40系列で唯一、車端部にデッキを持たない両開きドアの車両。
 比較的乗降客が多い総社線など、岡山近辺で運用するには、もってこいの車両
に見えた。なお、前後の車両で、側面の客室窓付近の塗り分けが異なっていた。

 最後は、213系と103系。

0810w109
(213系と103系)

 転換クロス・2ドアの213系と、ロングシート・4ドアの103系が、同じ時間帯に
通勤列車として充当されている。客室(座席)構造、ドア数が全く異なる両者が
同一通勤圏で運転していて、乗降時間などちゃんと間に合うのだろうか?と、
不思議に思った。座席形状がここまで違っていると、着席サービスの面も気に
なる。
 もっとも、アーバンネットワーク区間から外れてしまえば、まだまだお下がりを
使わなくてはならないのだろう。前日の芸備線の徐行区間と言い、金を掛けるか
否かが、かなり明確なのかなと感じた。

 そして、この日の最初の列車へ。
 

« ホテルにて~客室から0系を撮影 | トップページ | 岡山から津山へ~金川で交換待ち »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR四」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/43004099

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山駅にて:

« ホテルにて~客室から0系を撮影 | トップページ | 岡山から津山へ~金川で交換待ち »