2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 松江にて~サンライズ出雲を撮影 | トップページ | 宍道駅にて »

松江から宍道へ

 10月17日(金)

 前回、春の18きっぷ旅行と同様に、今回も松江から木次線を目指すことに。

 当日。少し早めに駅に向かい、通勤時間帯の列車などを撮影する。
 まず、米子行の普通列車(122D)。安来節のイラストが描かれている。

0810w051
(安来節のイラストが描かれている車両)

 そして、一番後ろの車両はねずみ男のイラストが描かれたキハ40。
 前日、米子で見ることが出来なかった車両だった。

0810w052
(ねずみ男が描かれたキハ40)

 ちなみに前回は、目玉親父カラーが連結されていた。
 おそらく、そういう車両が丁度運用に入るのだろう...

 続いて、岡山行のやくも8号。

0810w053
(岡山行のやくも8号)

 そして、木次線出雲横田からやって来た参上列車。
 前回同様、この列車に松江から乗車して、宍道を目指すことに。
 車両は木次鉄道部のキハ120系3両編成。いずれもロングシート車(0番台)だった。

0810w054
(宍道行のキハ120)

 鳥取行のスーパーまつかぜ4号の到着を待って、松江を発車する。

0810w055
(松江駅に進入するスーパーまつかぜ4号)

 こちらは開通待ちだったからいいものの、1番線に停車していた米子行きの通勤
ライナーは、先述のやくも8号とスーパーまつかぜ4号を待つため、18分も停車。
朝の通勤時間帯にこれだけ長時間停車するとは...

 宍道湖を右手に見ながら西を目指す。一つ目の乃木までは学生も少しいたが、
その先は貸しきり状態。もっとも、この列車は朝の通学列車の折り返しで、木次に
帰るために運転しているようなものだから仕方がない。

 そんな状態で宍道に到着。
 到着したのは木次線のホームである3番線。
 前回と同様に、乗客を下ろすと一旦松江方面の引上線に逃げる。

0810w056
(引上待ちのキハ120)

 このあと引き上げた3両は、木次線の後続となる出雲横田始発の1両編成と
併結して木次に戻っていく。
 

« 松江にて~サンライズ出雲を撮影 | トップページ | 宍道駅にて »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR西」カテゴリの記事

鉄:山陽山陰」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/42819539

この記事へのトラックバック一覧です: 松江から宍道へ:

« 松江にて~サンライズ出雲を撮影 | トップページ | 宍道駅にて »