2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 青春18きっぷ4日目~新得で折り返す | トップページ | 青春18きっぷ4日目~富良野・美瑛ノロッコ4号に乗車 »

青春18きっぷ4日目~再び富良野へ

 9月 7日(日)

 新得から再び富良野へ。
 やって来たのはキハ40の2両編成。帯広から来る滝川行に乗車する。
 到着すると、帯広よりの1両は切り離されて帯広行きになるとのこと。

C0809h166
(切り離されたキハ40)

 峠越えは乗客が少ないため、短い編成で済んでしまうということなのかもしれない。
 そういえば、来るときに乗車した快速狩勝も富良野で後ろ1両を切り離していた。
 こういう運用は気動車が一番得意とするところかもしれない。
 特にキハ40のような、両端に運転台が付いている単行運転することが可能な
形式ならば、小回りがきいて丁度いいのかもしれない。

 ということで、滝川行は[滝川]のサボが差し込まれていたが、帯広に折り返す
車両には、サボ返しの必要が無いよう[帯広←→新得]の区間運転タイプのサボが
差し込まれていた。車両だけでなく、サボも無駄なく効率よく考えられている。

C0809h165
(帯広行のサボ)

 なお、今度はキハ40ということで窓が開けて外を観察することにした。
 小雨交じりのため少々肌寒かったが、行きは見えなかった風景を見るために。 


 帯広行の発車を見送り、こちらも新得を発車。
 すぐに旧線跡と別れ、峠に向かって勾配を上っていく。
 旧線が直線で進んでいたのに対し、現在のルートは曲線を描きながら、
駅を出てすぐに勾配を上っていくようだ。

C0809h167
(旧線跡を下に見て勾配を上っていく)


 しばらく勾配を上っていくと、放牧地が見えてくる。
 どうやら牧場のようだ。放牧されている牛も見える。
 そして、さらに進むと「北海道立畜産試験場」の看板が。
 それなら牛もいるだろう。納得...

C0809h168
(北海道立畜産試験場の看板が...)


 そして、新狩勝トンネルの手前にある新狩勝信号場で停車する。
 ここで札幌から来る特急とかち3号の待ち合わせ。

C0809h169
(新狩勝信号場を通過する特急とかち3号)

 やって来たのはキハ183。
 石勝線系統の特急列車でキハ183を使用しているのは、とかちの2往復のみ。
 すれ違ったキハ183は、国鉄時代末期の1986年に製造され、既に20年以上経つ。
 こうやって活躍する姿を見ることが出来るのも、そう長くはないのかもしれない。

 とかち3号をやり過ごし、新狩勝トンネルへ。

C0809h170
(新狩勝トンネル入口)

 トンネルの出口手前で石勝線と別れ、根室本線を北上。

 峠を越えて落合。
 下り普通列車 釧路行が上り列車の到着を待っていた。

C0809h171
(落合駅に停車する釧路行)

 停車してたのは滝川~釧路間 350Km弱を8時間掛けて結ぶ足の長い普通列車。
 一度は乗車してみたいが、この列車に乗車するために1日つぶれてしまうので、
行程の組み方がなんとも難しそうだなと感じた。北海道入り+帰る日を考えると、
往復するだけで4日要することになる。往復で飛行機に乗る場所を変える必要が
あるのかもしれないが、一度は挑戦してみたいものだ。


 そして幾寅。
 往路に撮影できなかったキハ40を撮影する。
 塗装が剥げている箇所があり、随分くたびれている感じだ。
 営業車両と異なり、管理は難しいのだろうか?

C0809h172
(幾寅駅に保存されているキハ40)


 天気が悪いせいもあり、ウトウトしてしまう。
 気がつけば富良野に到着するところだった。
 慌てて身支度して降車した。 
 

« 青春18きっぷ4日目~新得で折り返す | トップページ | 青春18きっぷ4日目~富良野・美瑛ノロッコ4号に乗車 »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/42628590

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ4日目~再び富良野へ:

« 青春18きっぷ4日目~新得で折り返す | トップページ | 青春18きっぷ4日目~富良野・美瑛ノロッコ4号に乗車 »