2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 青春18きっぷ4日目~快速狩勝でさらに南下 | トップページ | 青春18きっぷ4日目~再び富良野へ »

青春18きっぷ4日目~新得で折り返す

 9月 7日(日)

 新得で下車し、折り返して富良野に戻ることに。
 上り列車の到着を待つ間、駅舎や列車の撮影をして過ごす。

 まず駅舎を撮影するため駅前へ。

C0809h160
(新得駅駅舎)

 まりもが廃止になった今、この駅も夜間は待合室が閉鎖されることに。
 夜行列車が無い以上、当然のことかもしれない。


 続いて「北海道の重心地」の像。
 駅前の舗道上に設置されていた。

C0809h161
(北海道の重心地の像)

 像に書かれていたが、平成5年に国土地理院が新得が北海道の重心地と
発表したそうだ。確かに新得付近が北海道のへそという感じがする。
 なお、像は重心ということで「やじろべえ」をモチーフに作成されたものとのこと。


 そして、同じく駅前にあった「火夫の像」。
 狩勝峠を越える蒸気機関車の火夫(機関助士)をモチーフにしたもの。

C0809h162
(火夫の像)

 今でこそ新ルートを気動車で越えているが、以前は旧ルートを蒸気機関車で
狩勝峠を越えていた。そんな蒸気機関車の火夫の苦労を後世に伝えるため、
1981年(昭和56年)に新得町の商工会が建立したそうだ。


 ここまで撮影し駅に戻る。
 富良野に戻る列車が到着するまで駅内で列車を撮影する。
 札幌から来た、スーパーおおぞら3号。これしか来なかった...

C0809h163
(新得駅に到着するスーパーおおぞら3号)


 ところで、新得を訪れたのは2回目。前回は15年以上前のこと。
 先日運転を終えた夜行の「まりも」に乗車し、真夜中に停車した時だった。
 前日は「八甲田」、当日は「まりも」と、客車急行が残存する頃。
 それから時が経ち現在、残存する定期客車急行は「はまなす」ぐらいしかない。
 もっとも急行自体、4つの愛称名しか残存していないんだから...
 そんなことを思い出しつつ、富良野に戻る列車を待つ。
 

« 青春18きっぷ4日目~快速狩勝でさらに南下 | トップページ | 青春18きっぷ4日目~再び富良野へ »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/42412678

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ4日目~新得で折り返す:

« 青春18きっぷ4日目~快速狩勝でさらに南下 | トップページ | 青春18きっぷ4日目~再び富良野へ »