2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

分類別に読む。

分類別(非鉄)

無料ブログはココログ

« 青春18きっぷ2日目~襟裳岬 | トップページ | EL&SL奥利根号を撮影(15日) »

青春18きっぷ2日目~日高本線を北上

 9月 5日(金)

 40分ほどかかってようやく様似駅に到着。
 帰りも3時間20分の長い道程。のんびり帰ることに。

C0809h076
(様似駅にて)

 なお、往路よりは乗客が多かったが、それでも驚くほどではなかった。

 定刻通り様似を発車。
 冷房が付いていないので、帰りも窓を開けて乗車する。海沿いのせいか少し風が強く感じた。
 しばらく走り、浦河を越えて本桐。日高本線で一番様似側にある、列車の交換が可能な駅。
 乗車した列車は静内始発の列車と待ち合わせ。既に下り列車(様似行)は到着していた。
 下り列車が発車後も数分停車し発車する。

C0809h077
(本桐駅に停車中の苫小牧行)


 静内。下校時間に重なったせいか、立ち客が数人出る程度の乗車。
 ここで下り列車と交換のため、9分停車する。交換のたびに少しずつ時間をとって
いるのは、若干遅れても回復できるよう停車しているのだろうか?

C0809h078
(静内駅にて)

 静内を発車し、駅に停車していくたびに学生が下りていく。
 しかし外は既に暗くなりつつあり、長時間乗車で疲れているせいかウトウトしてしまう。
 たかが1往復だが、片道3時間半は結構カラダに来ているようだった...

 そして日高門別、鵡川と下り列車の交換待ち。
 鵡川は先に到着し時間があったため、駅舎の撮影。

C0809h079
(鵡川駅駅舎)

 ここまで来れば、もう苫小牧も近い。
 それにしてもこの日。苫小牧から襟裳岬を往復して、再び苫小牧に戻ってくるまで、
ずっと同じ行程だった外国人の中年男性。苫小牧に帰ってくるまでずっとテンションが
高く本当に驚かされた...

 ということで、外も薄暗くなった18時近く、ようやく苫小牧に到着。
 気まぐれな行程になったが、襟裳岬も訪れることが出来、なんとも充実した一日だった。
 
 もっともこの後、北海道土産を購入するため、新千歳空港を往復してきたが...
 (というより、苫小牧で夕飯にありつけないと前日判断したため...)

 まだまだ2日目。まだ長い。
 

« 青春18きっぷ2日目~襟裳岬 | トップページ | EL&SL奥利根号を撮影(15日) »

鉄道」カテゴリの記事

鉄道:JR北」カテゴリの記事

鉄:北海道」カテゴリの記事

青春18」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/166511/42501777

この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷ2日目~日高本線を北上:

« 青春18きっぷ2日目~襟裳岬 | トップページ | EL&SL奥利根号を撮影(15日) »